ドラマ『下町ロケット』の続編製作が決定!主演は前作に続いて阿部寛 | RBB TODAY

ドラマ『下町ロケット』の続編製作が決定!主演は前作に続いて阿部寛

エンタメ 映画・ドラマ

(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
  • ドラマ『下町ロケット』の続編製作が決定!主演は前作に続いて阿部寛
  • ドラマ『下町ロケット』の続編製作が決定!主演は前作に続いて阿部寛
 TBSは、10月期の日曜劇場として、2015年10月期放送『下町ロケット』の続編をドラマ化すると発表した。

 今回放送が決まった続編の原作は、池井戸潤による『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館刊)。阿部寛演じる主人公・佃航平が代表をつとめる町工場・佃製作所の主力商品ロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工が業績悪化、主要取引先からの非情な通告、そして立川談春演じる番頭・殿村に訪れた危機...。次々に起こる絶体絶命のピンチを切り抜けるため、佃が下した意外な決断とは...?主演の阿部、そして立川に加えて、山崎光彦役の安田顕をはじめ、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩ら佃製作所のメンバーの出演も決定している。

 続編のドラマ化決定について、阿部は「夢の実現と人々の幸せを必死にもがきながら追い求めてきた佃ですが、今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します」と、ドラマの見どころをコメント。また、「会社の経営者として、社員たちの生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間たちと共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います」と意気込んでいる。

 また、原作者の池井戸は、「阿部寛さん演じる佃社長を始め、佃製作所の熱いメンバーたちとの再会を心待ちにしています。今回、窮地に立たされた佃製作所が挑戦するのは、まさに現代日本が抱える難題のひとつです。それに挑む者たちの葛藤や挫折がどう描かれるのか、福澤克雄監督の演出に大いに期待しています」と語っている。

 日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系で2018年10月スタート(毎週日曜よる9時~)。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top