秋元才加、不倫テーマの小説読み女子力高めてた | RBB TODAY

秋元才加、不倫テーマの小説読み女子力高めてた

エンタメ その他

秋元才加、不倫テーマの小説読み女子力高めてた
  • 秋元才加、不倫テーマの小説読み女子力高めてた
 15日放送の『エゴサーチTV』(AbemaTV)のなかで、秋元才加がAKB48在籍中に、恋愛ものの本を読み女子力を高めていたことを明かす一幕があった。

 同番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

 この日は、ゲストたちの人生に影響を与えた本や、しるしを付けた本をテーマにトークが展開。小学生の頃は放課後に必ず図書館に行き本を読んでいたという、意外な一面を明かした秋元は、AKB48を卒業する前後に、背伸びをして読んでいたという作家・村山由佳さんの小説『ダブル・ファンタジー』を紹介。

 既婚女性が夫とうまくいかず、色んな男性と出会っていくという不倫をテーマにした作品で、秋元は「性描写が物凄く露骨で。男性が読んだら、賛否両論で『こんなの見たくない』とか。最後が衝撃で、色んな男性の所に行った結果、結局『ああ、なんてさびしい。どこまでも自由でいるということは、こんなにもさびしいことだったのか』で終わる。えええ!?って」と語り、グループに在籍中は“恋愛禁止”だったため、恋愛ものの本を読み女子力を高めていたことを明かした。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top