榮倉奈々、男性100人から寄せられた悩みに回答 | RBB TODAY

榮倉奈々、男性100人から寄せられた悩みに回答

エンタメ 映画・ドラマ

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
 榮倉奈々&安田顕W主演映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日全国公開。このほど、男性100人による男性限定試写会が神楽座(東京都)にて行われ、トークイベントに榮倉奈々、李闘士男監督が登壇した。

 イベントがスタートすると、榮倉は会場の100人の男性を見て「男性限定のイベンですトは初めてです。とても異様な・・・」と思わず本音をぽろり。司会者から「言葉を選んでください」と言われるという和やかな雰囲気でスタートした。

 まずは、榮倉と李監督から会場の男性に向けて質問し、100人の男性がYES/NOカードで答えるアンケートが実施されることに。「もし自分が、妻や恋人から“死んだふり”をされたらどうしますか?」。劇中のじゅんのように全力で付きあうという人が6割、無視する人が4割という結果に、「みなさんやさしいですね」と榮倉と李監督は感心しきり。

 その後、同作が「Yahoo!知恵袋」の投稿から生まれたことに絡め、「男性100人のお悩みに榮倉奈々が答えます!奈々!知恵袋」と題し、会場の男性から寄せられた恋愛や結婚の悩みについて、榮倉、監督がトークを展開。「同じ人と長く一緒にいるとあきてしまい恋愛が長続きしません。どうしたら新鮮さを保ちずっと一緒にいられますか?相手の 気持ちも考えるとズレが大きくなって・・・」といういきなりの濃い質問に「刺激のほうが楽しかったりするのでは?相手の気持ちが気になってしまうけれど、そういうのも気にならないくらい夢中になれないということですか?」と逆質問しつつ、監督とともに「居酒屋みたい」とポツリとこぼす一幕もあった。

 さらに、「どうやったら女性の愚痴を上手に聞けますか?」という質問を投げられた榮倉は「その質問をしている時点で、まともに聞く気がない。聞いてるふりをしようということですよね。ただ、聞くだけでいいんです」とバッサリ。李監督が「絶対に、否定してはならない。『そうだね』と同意をしてあげること」とアドバイスすると、榮倉は「これから『そうだね』と言われたら、『聞いてる?』ってなっちゃう(笑)」と返し、会場には笑いが起こった。

 イベントの最後には榮倉が、「私にとってこの映画は最初から衝撃があり、タイトルから想像つかない人間模様の描き方で裏切られっぱなしですが、その裏切られ方が優しくて、とても心地よい映画だなと思います。心地よい気持ちがどんどんつながっていくといいなと思っています」とコメントして、イベントを締めくくった。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は、6月8日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top