コロッケの次女・滝川光、主演舞台で女優デビュー「いつか父と舞台に立てたら」 | RBB TODAY

コロッケの次女・滝川光、主演舞台で女優デビュー「いつか父と舞台に立てたら」

エンタメ 映画・ドラマ

滝川光
  • 滝川光
  • 舞台『The FAT』第2弾2018年公演
  • 舞台『The FAT』主演・滝川光
  • 滝川光が舞台『The FAT』で女優デビュー
  • 滝川光が舞台『The FAT』で女優デビュー
  • 舞台『The FAT』第2弾2018年公演
  • 舞台『The FAT』第2弾2018年公演
  • 滝川光が舞台『The FAT』で女優デビュー
 ものまねタレント・コロッケの次女の滝川光が女優として本格デビュー。5月22日から27日に上演される舞台『The FAT』で主演を務める。

 舞台『The FAT』は、デブなCAたちが倒産寸前の弱小格安航空会社を復活させる物語。主人公・KAYOがデブならではのシナリオを思いつき、美人で痩せているCAに逆襲していく、爆笑シアターエンターテインメントショーだ。昨年5月に初演が上演され、新たなキャスト、スタッフでFAT第2弾が上演される。

 主演は、太っているのに踊れることを売りにしている滝川光。実はこの作品が決まる前にダイエットを決意していたが、主演の話を受け、「もう少し太っている状態を活かそうかなと。もうちょっと好きな食べ物を食べられる時期を長くして太っていようかな、って」と、少しダイエットはおあずけとなった。

 しかし、歌って踊るシーンもある本作。「踊るので、食べても食べてもエネルギーが消費されてしまう」とキャストたち。一時期練習をしすぎて痩せてしまい、演出家から「太って見えないからもっと食べてください」と注意を受けたという。公演前に痩せてしまわないよう、太った体型を維持するために、「ずっと苦しいな、という状態を保って常にお腹いっぱいにしています」と、役作りの裏側を打ち明けた。

 滝川は、最初に10kg太ることを目標に掲げるも、一時期痩せてしまったため、元からの増量は4kgほど。現在は身長158cmで体重76kg。千秋楽までにあと3kgほど増やしたいと語った。現在は太ることを目標としているが、今後は体調面も考慮し、ダイエットをして健康な体型を目指すようだ。

 父親のコロッケには、「主演をやらせていただくということは、相手が1番、自分が2番と考えなさい」と言われたことを明かし、「私も経験がまだ全然ないので、経験豊富なキャストさんたちに相談したり、みんなで話し合って仲良くできる場を作ろう、と心がけています」と、滝川なりに主演として立ち回っている様子。

 今後挑戦してみたい役柄について、「今回はダメデブ女子だったので、次は違うダメ女子をやってみたい。逆に痩せたダメ女子とか。ちょっと普通とはズレた変わった役をやってみたいなと思います」と、女優業への意欲をみせる。

 「いつか父と舞台に立てたらいいなって小さい頃から思っています」と滝川。コロッケからの指導があるか尋ねられると「私は余計な動きが多いんです。例えば父に注意される中で、『一歩前に足を出すときは、その人の感情が動くときなんじゃないの?どうして今動いたの?』と聞かれることがある。やっぱり詳しく人を観察しながら演技をしているんだなと思って、自分はまだまだ出来ないので、尊敬しています」と語った。

 毎日のように稽古場でものまねを披露しているという滝川。最近共演者が気に入っているものまねはコロッケ直伝の「ヤギと羊の鳴きまね」。なお、劇中でも滝川らしくさまざまな声色で演技をする場面が登場する。

 ちなみに、滝川に揚げ物のコロッケは好きか質問が飛ぶと、「コロッケは好きなんですけどカニクリームコロッケが好き」と強調した。

 舞台『The FAT』は5月22日から27日まで、池袋シアターグリーンBIG TREETHEATERにて上演する。
《non》

関連ニュース

page top