中国、香港で活躍中の葉山ヒロが『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』で日本の連ドラ初出演 | RBB TODAY

中国、香港で活躍中の葉山ヒロが『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』で日本の連ドラ初出演

毎週木曜よる10時から放送の中のドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)に、俳優・葉山ヒロが出演することが決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
(c)フジテレビ
  • (c)フジテレビ
 毎週木曜よる10時から放送の中のドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)に、俳優・葉山ヒロが出演することが決まった。

 同ドラマは、幸せの絶頂から冤罪を着せられた主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が、15年間の投獄を経て投資家の「モンテ・クリスト・真海」となり、3人の男たちへ復讐を果たしていくノンストップ復讐劇。真海が緻密に計画した復讐の種が芽を出し始め、先週放送の第5話ではついに殺人が起きてしまい...。ひとときも目が離せない緊張感ある展開が話題となっている。

 葉山は、香港のアカデミー賞を総なめにしたジャッキー・チェン作品『新・警察故事/New Police Story(邦題:香港国際警察/2005年日本公開)』にメインキャストとして出演するなど、香港や中国で活躍。葉山は5月24日放送の第6話から登場する。なお、今回が日本の連続ドラマ初出演となる。

 同ドラマで葉山が演じるのは、真海のかつての親友で、現在は人気俳優になっている南条幸男(大倉忠義)の過去を知る謎の香港マフィア・ダニー・ウォン。劇中では広東語と日本語の両方の台詞を操る。葉山は、出演オファーが来た時の心境を「香港・中国・台湾で芸能業界20年を経て偶然の帰国のタイミングでオファーを頂いた事に感謝の一言です。脚本を読ませていた際、とてもとても面白い内容だったことと、香港人役というのも僕にぴったりの役柄で今回はとても嬉しいです」と話し、ディーン・フジオカについては、「フジオカ君の日本での活躍を海外で知り、正直に嬉しいのと彼のブレイクを生かし、もっとこの先海外で活躍している日本人が国内で海外のノウハウを伝え、日本の芸能界が逆に海外で幅広く活躍出来る事を願っております」と語っている。

 また、同じく幸男の過去に絡むショーン・リー役には、台湾を中心に活動し、海外CM出演は40本以上を数える日本人俳優・ジョー ナカムラの出演が決定している。ドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)は、毎週木曜よる9時から放送中。葉山は、5月24日放送の第6話から登場する。
《KT》

関連ニュース

page top