浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子、トーク中3人で思わず涙 | RBB TODAY

浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子、トーク中3人で思わず涙

プロフィギュアスケーターの浅田真央が、22日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。女子フィギュア選手として共に戦った村上佳菜子、鈴木明子と現役時代の思い出を語り、涙し合った。

エンタメ その他
浅田真央【写真:鶴見菜美子】
  • 浅田真央【写真:鶴見菜美子】
  • 鈴木明子 (c) Getty Images
  • 村上佳菜子(c)Getty Images
 プロフィギュアスケーターの浅田真央が、22日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。女子フィギュア選手として共に戦った村上佳菜子、鈴木明子と現役時代の思い出を語り、涙し合った。

 当時28歳だった鈴木明子はすでにソチ五輪を目指すつもりはなかったという。だが最終的にチャレンジしようと思ったのは、浅田と村上が頑張っていたからだとし、「(この2人と)一緒に行きたいと思わせてくれた」と涙ながらに語った。これに対して村上も「泣きそうになってきた…」とリアクション。

 すると浅田も、「自分も、下の世代からの追い上げを感じていたが、アッコちゃん(鈴木明子)もそれは感じていたんじゃないか」と、プレッシャーと戦っていたことに思いを寄せて目を潤ませた。

 また浅田は、自身が引退を決めたときは「自分は限界、無理だと思って、なんかもう…」と振り返ると、鈴木、村上も感極まったのか涙を浮かべていた。そんな2人に対して浅田は「ねぇねぇ、みんな泣かないでくれるかな」と求めながらも涙ぐみ、3人は笑いながらも、当人同士でしか分からないつらさを分かち合っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top