貴乃花親方の態度に集中砲火? ワイドショーが一転攻勢へ? | RBB TODAY

貴乃花親方の態度に集中砲火? ワイドショーが一転攻勢へ?

エンタメ その他

貴乃花親方 (c)Getty Images
  • 貴乃花親方 (c)Getty Images
 26日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、貴乃花親方が、内閣府に対して提出した告発状を取り下げる意向であることを紹介。親方の姿勢に批判の声が相次いだ。

 貴ノ岩への暴行問題に端を発した、貴乃花親方と日本相撲協会との対立。親方は立ち入り検査や是正勧告をするよう、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出。

 ところがその後、弟子の貴公俊が付け人に暴行を働いたことが発覚すると、親方は告発状の取り下げを検討することが明らかになった。

 そこには、貴公俊への日本相撲協会からの引退勧告を何とか食い止めようとする親方の思惑もあるのではと、貴乃花部屋の支援者は、「スッキリ」の取材で答えている。さらに親方は「すべてをゼロに戻して一兵卒として出直す」とも述べていることも分かった。

 一連の親方の姿勢に対して高橋真麻は、「貴公俊の問題が起きたから、こういう結果になったと思うんですけど、だったら相撲協会を変えたいという信念はどこに行っちゃったのかな、その思いってそんなに弱いものなかな」と語った。

 また加藤浩次は、「何とか処分を軽くしてほしいということで取り下げる。そして一兵卒から自分はやると言っている。そこには若干矛盾があるような気もするんですけど」と親方の態度を疑問視しながらも、「何とか自分の弟子を守りたいという気持ちなんでしょうね」と気持ちを寄せた。

 また同日放送された「とくダネ!」(フジテレビ系)では小倉智昭が、「弟子の不祥事がなかったら、目が覚めなかった可能性がありますけど」と皮肉を述べた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top