松本人志、貴乃花親方の告発状取り下げに「理想論を掲げすぎた」 | RBB TODAY

松本人志、貴乃花親方の告発状取り下げに「理想論を掲げすぎた」

エンタメ その他

ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】
  • ダウンタウン・松本人志【写真:鶴見菜美子】
 25日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウン・松本人志が、貴乃花親方の対応に持論を述べた。

 弟子・貴ノ岩が暴行被害を受けた問題に際し、日本相撲協会の対応に問題があったとして、「内閣府公益認定等委員会」に告発状を提出していた貴乃花親方。だが先日、その取り下げを検討していることが明らかになった。

 そのきっかけは、同部屋の貴公俊の付け人の力士への暴行事件。5、6発殴打された付け人は顔が腫れ、口の中を切って血を流していたという。一部報道では、付け人が彼に取組のために入場するよう伝えるタイミングが遅れたためではないかとも言われている。

 松本は、こうした一連の動きに対し、「こんなん言うたらまたアレなんですけど」と口ごもりながらも、「貴乃花さんはいきなり理想論を掲げすぎた」と主張。

 さらに松本は、親方が現役当時、巡業先で学生からいたずら半分で背中をバンバン叩かれた際、その学生を張り倒した件に触れ、「そのときは若貴人気がすごくてスルーされましたけど、そういうことが実際あるわけですし」と、相撲界の暴力をめぐる考え方がその当時から曖昧なままここまで来ていることに疑問を呈した。

 さらに松本は、「暴力が何が何でもダメってなるんなら、貴之花さんはまず浜田に言って欲しい」と、普段から激しいツッコミをする相方・浜田雅功の名を挙げ、「そのうち世の中、アレどうなんだって言い出すよ。頭バーンは暴力じゃないのかって」と語り、「当事者の僕から言わせてもらうと暴力ですよね」と述べていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top