滝沢カレン、まさかの告白…漢字はみるみる習得も「カタカナが苦手」 | RBB TODAY

滝沢カレン、まさかの告白…漢字はみるみる習得も「カタカナが苦手」

エンタメ その他

 19日に放送された「しゃべくり007 バラエティー大怪獣SP」(日本テレビ系)
に滝沢カレンが出演。ヘンテコな日本語を操る彼女に、意外な事実が発覚した。

 現在、くりぃむしちゅー有田哲平がMCを務める「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、ぶっつけ本番で料理のナレーションを読むコーナーを担当している滝沢。そのVTRを収録スタジオで見ている有田は、「今までは漢字の読み間違いが多かったが、彼女は一回間違えたものは覚える」と評価。だが一方、「最近は平仮名とカタカナが読めなくなっている」と明かした。

 これについて滝沢は、「なんか、カタカナってずっとつまんないものだなと思ったんですけど」と語り、「本を読んでいるときにカタカナが出てくると、いきなり色のなくなった世界を見ているようになっちゃって」と独特の表現でカタカナへの苦手意識を告白。

 周囲から、「でも“カレン”ってカタカナじゃん!」とツッコまれたものの、彼女は「“滝沢”のほうがテンションあがる」と反論を繰り返した。

 しかし有田から「“カレン”のほうが華やかに聞こえるよ。その服だってカレンって感じ」と、彼女が着ている真っ赤なドレスを指すも、彼女は「ほぼこれは“滝沢の色”です」と引き下がることはなかった。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top