尾野真千子の回答に一同ツッコミ!映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶 | RBB TODAY

尾野真千子の回答に一同ツッコミ!映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、本日公開。このほど、初日舞台挨拶がテアトル新宿(東京都)にて行われた。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
  • (C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、本日公開。このほど、初日舞台挨拶がテアトル新宿(東京都)にて行われた。

 同作は、「写真時代」「ニューセルフ」など、伝説的なカルチャー・エロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭氏の自伝的エッセイが映画化された作品。主演の末井青年を俳優・柄本佑が演じ、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、70~80年代のサブカルチャーを牽引する伝説の雑誌編集長となっていくまでが描かれる。

 舞台挨拶には、柄本佑、前田敦子、三浦透子、尾野真千子、峯田和伸、菊地成孔、末井昭(原作者)、冨永昌敬監督が登壇。末井昭を演じた柄本は「女装のシーンでは末井さんから『パンティーとブラジャーは見えなくてもスイッチだからつけるといいよ』とアドバイスを頂きました」と撮影裏話をコメント。また先月のプレミア上映の際に末井本人と初対面した前田は「プレミアの時は出演者の方だと思っていて、舞台に立って気づきました。ちゃんとご挨拶できなくて…はじめまして(笑)」と演じた“天然な妻”そのもので挨拶した。

 『母がダイナマイト心中』『伝説のエロ雑誌編集長』『ストリーキング』と何かとスキャンダルな原作者・末井の半生を描いているということで、「エロ雑誌編集長とストリーキング。やるならどっち!?」という究極の質問に全員が『エロ雑誌編集長』を選ぶ中、尾野のみがまさかの『ストリーキング』を選択。どよめく登壇者と会場に「究極だから!究極の選択だからやるの。究極じゃなかったらもちろんやりたくない!」と弁解する尾野。それに対し三浦は「極論ですが、ストリーキングはやろうと思えば明日できるじゃないですか」と答え、「それもそうだね」と柄本はじめ全員が納得しかけたところ、尾野が「みんなおかしいよ!」とツッコミ。そこに冷静に峯田が「ストリーキングみたいなことは、ずっとやってきたんで…」と呟くと、ライブパファーマンスで裸になる峯田を思いうかべ、ここでも全員が納得。原作者の末井が「もぞもぞしちゃダメなんですよ。一瞬でね(笑)」と被せて会場は爆笑に包まれた。

 最後に監督から「当時を知っている人にはもちろんですが、若い人に観て頂きたいです。平成生まれの人にとっては絵空事みたいなものかも知れませんが、末井さんの半生はすごくヒントがある。若い人が観て、末井さんより自分の方が面白いと思って欲しい」と語り、舞台挨拶は幕を閉じた。映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開中。
《KT》

関連ニュース

page top