MWC 2018が開幕!今年の見どころは5GやAI関連のソリューション | RBB TODAY

MWC 2018が開幕!今年の見どころは5GやAI関連のソリューション

IT・デジタル モバイル

スペイン・バルセロナでMWC2018が2月26日に開幕した
  • スペイン・バルセロナでMWC2018が2月26日に開幕した
  • 今年はセキュリティチェック専用のゲートが設けられていた
  • 5G到来間近のムードに沸く会場
  • 大勢の来場者が訪れる初日のソニーブース
  • ソニーはXperia XZ2/XZ2 Compactを発表
  • MWCグッズ売り場もできていた
  • ゆるキャラのピンズを2ユーロで購入
 世界最大級のIT・モバイルの展示会「Mobile World Congress 2018」が現地時間2月26日から3月1日までの期間、スペイン・バルセロナで開催される。

 イベントの会場は例年通りバルセロナ市内の国際展示場「Fira Barcelona Grand Via」。今年も2,300を超える出展社が集まった。日本からはソニーモバイルやNTTドコモ、オンキヨーに富士通などの企業が出展している。また毎年のようにサムスン電子やファーウェイ、エリクソンにノキアなどお馴染みの企業が大規模なブースを構えている。

5G到来間近のムードに沸く会場
5G到来間近のムードに沸く会場


大勢の来場者が訪れる初日のソニーブース
大勢の来場者が訪れる初日のソニーブース


 今年のMWCでは2019年に商用化が実現すると言われている「5G」や、AI(人工知能)、ボイスインタラクション、コネクテッドカーなどの展示が注目されている。新端末としてはサムスンが「Galaxy S9/S9+」、ソニーモバイルが「Xperia XZ2/XZ2 Compact」を発表した。

ソニーはXperia XZ2/XZ2 Compactを発表
ソニーはXperia XZ2/XZ2 Compactを発表


 昨年秋頃にはバルセロナが属するカタルーニャ州がスペインからの独立運動で熱気を帯びていたが、幸いバルセロナの街は筆者が知る限りいつも通りの穏やかな雰囲気に包まれている。ただいつもの年よりも気候はやや肌寒いように感じられる。

今年はセキュリティチェック専用のゲートが設けられていた
今年はセキュリティチェック専用のゲートが設けられていた


 MWC2018の会場は初日からいつもに増して賑わっているが、会場に入るためのセキュリティがやや強固になっていた。そして今年は謎の“ゆるキャラ”が登場。「MWCグッズ」の売り場までできていた。期間中は現地から出展の様子をレポートしたい。

MWCグッズ売り場もできていた
MWCグッズ売り場もできていた


ゆるキャラのピンズを2ユーロで購入
ゆるキャラのピンズを2ユーロで購入
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top