水川あさみ、官能ドラマに初挑戦!衝撃カットが公開に | RBB TODAY

水川あさみ、官能ドラマに初挑戦!衝撃カットが公開に

今夏より放送の『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』(WOWOW)で、水川あさみが官能ドラマに初挑戦することがわかった。

エンタメ 映画・ドラマ
水川あさみ、官能ドラマに初挑戦!衝撃カットが公開に
  • 水川あさみ、官能ドラマに初挑戦!衝撃カットが公開に
  • 水川あさみ、官能ドラマに初挑戦!衝撃カットが公開に
 今夏より放送の『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』(WOWOW)で、水川あさみが官能ドラマに初挑戦することがわかった。

 同ドラマは、直木賞作家・村山由佳が“女性の性欲” を赤裸々に描いた衝撃作「ダブル・ファンタジー」をドラマ化。35歳の人気脚本家・高遠奈津(水川あさみ)は、家事を支えてくれる夫・省吾(眞島秀和)と郊外の一軒家で暮らしているが、元テレビ局ディレクターの夫が仕事に関与することを疎ましく思い始めていた。また、恐母・紀代子(多岐川裕美)から不妊治療を勧められることにも嫌気がさし、雑誌編集者の親友・岡島杏子(篠原ゆき子)に度々、家庭での愚痴をこぼしていた。そんな中、舞台演出家・志澤一狼太(村上弘明)から新作舞台に招待され、それを機に一夜を共にする。

 本能につき動かされるままに家を出たが志澤からは思わぬ放置をされてしまう。孤独を抱いた奈津の前に現れたのは、大学時代の元恋人・岩井良介(田中圭)だった。甘い時間を過ごしながらも、満たされない欲求が続くが、ひょんなことから出会った新進俳優・大林一也(柳俊太郎)からも言い寄られる。欲望に忠実に踏み出した奈津の先にあるのは果たして幸福か、それとも孤独か。

 これまでにもドラマ・映画で様々な役どころに挑戦してきた水川だが、同作で今までのイメージを一新させる。男性を次々と乗り換え、欲望に正直に生きる女性をときに大胆、かつしたたかに、ときに脆く演じる。水川は、同ドラマへの出演について、「まず女というものがもろに表立った作品、いままで縁のなかったような役柄がわたしのところに来た事にまず驚きました」とコメント。「欲望に正直に生きるということは自分の自由を掴み取るということ、それは孤独ということ。わたしなりにいまの精一杯でさらけ出し、奈津を演じることはチャレンジでした。良い意味での不快感を味わっていただけるとうれしいです」と呼びかけている。『連続ドラマW ダブル・ファンタジー』はWOWOWにて今夏放送。

《Tsujimura》

関連ニュース

page top