知英が「おっぱい触る?」……映画『レオン』のキャバクラカット公開 | RBB TODAY

知英が「おっぱい触る?」……映画『レオン』のキャバクラカット公開

エンタメ 映画・ドラマ

(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
  • (C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会
 24日に公開となる知英の劇場長編初主演映画『レオン』。今回、主演の知英演じる小鳥遊玲音が、華麗なる夜の蝶・キャバ嬢役を初めて演じ、キャバクラへ初入店&初接客する特別映像が解禁された。

 原作は、スマホマガジン「Hot-Dog PRESS」で連載され、絶大な人気を誇ったオリジナル漫画『レオン』。同作では、ナイスバディだけが取り柄の地味なOL小鳥遊玲音(知英)と年商500億の女好きワンマン社長の朝比奈玲男(竹中直人)の”心”と”身体”が入れ替わってしまう。性別も地位も性格も何もかも正反対の二人が入れ替わってしまったからさあ大変!しかもそれに乗じて、社長の身内が会社乗っ取りを企む大事件も勃発。社長と社員の禁断の恋も始まる予感・・・?!果たして、2人が巻き起こす騒動の結末は?主役の2人を取り巻く共演者には、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、山崎育三郎といった面々が出演している。

 今回解禁となった映像は、本作の主人公・小鳥遊玲音が、会社をクビになり、新たなる職場として選んだキャバクラへ初入店する場面。親友・サリナ(大政絢)のアドバイスで、”女”に磨きをかけるためにファッション・美容にたっぷりお金をかけた玲音。お金を稼ぐ為に選んだ仕事はなんとキャバ嬢!解禁映像では、内気なOL玲音が派手なドレスに身を包み、ゴージャスキャバ嬢変身!自慢のナイスバディを披露し、「男の相手なんてちょちょいのちょいよ、使わねーとな、女の武器は」と、内気なOLだった玲音には似つかない発言を。しかし、やはりどこかその様子はおかしい。

 早速、入店1日目にして指名を受け、はじめてお客さんにつくが、「よいしょっと」と両足を椅子の上に載せ、「で、何飲むんだお前ら」と華麗なるキャバ嬢には到底に似つかわしくない台詞を。それもそのはず、キャバ嬢・玲音の“心”は、朝比奈玲男(竹中直人)と事故で入れ替わった状態で、中身はワンマン女大好き社長だったのだ!華麗なるキャバ嬢へ外見が変わっても性格は、大胆で強気な元のワンマン社長のまま。様子がおかしい玲音を見て、固まっているお客さんに、追い打ちをかかけるように「おっぱい触る?」と隠しきれないおっさん感満載の台詞を放ち、あえなくバックヤードへ退場。初接客は即刻バックヤード行きの悲しい結末となり、「あれー?」といぶかしがるシーンで特別映像は終了する。

 初のキャバ嬢役を演じた知英は、「初めての役だったので、接客の仕方などが分からない時もあったんですけど、自分はオヤジになったんだと思ったら楽に演じられました(笑)」と振り返っている。映画『レオン』は24日に新宿バルト9ほか、全国ロードショー。

《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top