ディーン・フジオカが4月ドラマで復讐鬼演じる!ヒロイン役に山本美月 | RBB TODAY

ディーン・フジオカが4月ドラマで復讐鬼演じる!ヒロイン役に山本美月

エンタメ 映画・ドラマ

(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 俳優のディーン・フジオカが、4月クールのフジテレビ系ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』で連続ドラマ単独初主演を務めることが決まった。

 同ドラマは、愛、将来、自由、仕事、自尊心、すべてを奪われた実直な主人公が、自らを陥れた男たちに復讐し、彼らの人生そして運命の歯車を一人、また一人と狂わせていく復讐劇「モンテ・クリスト伯」を原作とした作品。日本では「巌窟王」としても知られる名作が連続ドラマとして現代に蘇る。

 ディーンのフジテレビ系ドラマへの出演は、自身初の連続ドラマ出演となった『探偵の探偵』(2015年7月期)以来、約3年ぶり。日本でのドラマデビューを飾ったフジテレビ作品に今回主演として“凱旋”する形だ。同作でディーンは、冤罪で地獄に突き落とされた環境から何とか這い上がり、自らを陥れた者たちへ“復讐”をしていく、まさに鬼と化した主人公・柴門暖(さいもん・だん)を演じる。愛する女性と未来の家族を奪われ、15年間という長い間の地獄のような投獄生活を送ってきた彼の孤独と怒りが復讐への気持ちを駆り立てていく。廃人と化した獄中時代には、長髪・ひげ面というワイルドな風貌、出獄した15年後は“復讐鬼”であることを隠しながら美しい別人となって舞い戻るという、表と裏の顔を持ち合わせた今まで見たことのない新境地に注目だ。

 そして、主人公・暖の復讐の矛先となる主要人物を演じるのは、大倉忠義(関ジャニ∞)、新井浩文、高橋克典の3人。さらに、ストーリー展開の重要な鍵を握るヒロイン役に山本美月が出演する。ディーンは同ドラマへの出演について「当初このドラマが名作『モンテ・クリスト伯』をベースにした物語であると聞いて、光栄な思いと同時に、これまで数々のリメーク作品を見てきた事もあってその壮大なスケールにプレッシャーも感じました」と心境をコメント。「共演者陣、スタッフ陣で結束し、これまでにない衝撃をオーディエンスの皆様にお届けする為に、全身全霊で演じたいと思います」と意気込みを語っている。『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』はフジテレビ系列で4月より毎週木曜よる10時から放送。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top