湖池屋、新日本ブランドのポテチを欧州にも | RBB TODAY

湖池屋、新日本ブランドのポテチを欧州にも

ライフ グルメ・食品

代表取締役会長の小池孝氏
  • 代表取締役会長の小池孝氏
  • 湖池屋、新日本ブランドのポテチを欧州にも
  • 湖池屋、新日本ブランドのポテチを欧州にも
  • マーケティング部部長の柴田大祐氏
 湖池屋は23日、都内で新たなプロジェクトの発表を行った。

 代表取締役会長の小池孝氏は、台風10号被害による北海道産じゃがいもの不足で品薄状態が続いたことを振り返りながら、今年は加工馬鈴薯の収穫量118%となり、感謝もこめて「ポテトチップス全ブランドの増量企画を実施する」と説明。「ポテトチップス のり塩」「同 うす塩味」など20%増量、「KOIKEYA PRIDE POTETO 濃厚のり塩」「同本格うす塩」など10%増量など、じゃがいも復活感謝祭として実施する。早いもので2月5日からコンビニエンスストア先行で販売がはじまる。

 また昨年2月発売の「KOIKEYA PRIDE POTETO」をリニューアルし、食感・旨味・食べごたえにこだわった商品に仕上げた。2月5日からコンビニで販売開始となる。マーケティング部部長の柴田大祐氏はプライドポテトシリーズの規模を年間40億円。「新しいスナック菓子のオトナの需要の獲得した」として40代の女性の購入も高くなってきており、気分転換に食べる従来商品からご褒美感覚でプレミアムビールと併売で購入する傾向を指摘した。

 さらに日本ブランドを強烈に意識した商品として「KOIKEYA PRIDE POTETO」に「天ぷら茶塩」と「九州 焼のり醤油」をプラスした。「天ぷら茶塩」は愛知県西尾地域で栽培される抹茶と福岡県八女のてん茶をブレンドしている。

 同社の海外展開で東南アジアが比較的うまくいっているというが、小池氏は「欧州はベルギーで醤油味とわさびフレーバーを出しており、ここに切り札として抹茶味を提供していきたい」と話した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top