映画『ママレード・ボーイ』で中山美穂・檀れい・谷原章介・筒井道隆の4人が初共演 | RBB TODAY

映画『ママレード・ボーイ』で中山美穂・檀れい・谷原章介・筒井道隆の4人が初共演

エンタメ 映画・ドラマ

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
 吉住渉の大人気コミックを実写化した映画『ママレード・ボーイ』は4月27日全国公開。このほど、主人公・光希(桜井日奈子)&遊(吉沢亮)の両親役に豪華キャストが決定した。

 同作は主人公の両親がお互いのパートナーを交換して再婚し、6人2つの家族が一つ屋根の下で住むことで始まるラブストーリー。小石川光希の両親が留美、仁。松浦遊の両親が千弥子、要士。そして、パートナーを変えて千弥子と仁、留美と要士が夫婦になる。今回、中山美穂・檀れい・谷原章介・筒井道隆がこの4人のキャストに決定。松浦千弥子を中山、小石川留美を檀、松浦要士を谷原、小石川仁を筒井が演じる。

 初共演が決まった4人はそれぞれ、「この4人だから、両親Sというファンキーな設定にも拘らず、大人としての空気が出せているのが楽しかったです」(中山)、「まさか20年以上経って、自分がこの映画に出られるとは思ってなかったので、オファーをいただいた際は、本当にびっくりしましたし、嬉しかったです」(檀)、「4人ともが初共演ですが、違和感というか、ギクシャク感もなく、もともとこういう風にはまるようなパズルが4つ揃ったなみたいな感じがします」(谷原)、「両親たちを演じる僕たち4人はすごく年齢が離れているわけではないので、同じ世代を生きてきた空気感を感じました。その感覚が作品にも表れると良いなと思っています」と共演に対する思いや作品に対する思いを語っている。映画『ママレード・ボーイ』は4月27日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top