松坂桃李が矢田亜希子にアゴクイ&手首をベロリ...映画『不能犯』でセクシーな解禁カット | RBB TODAY

松坂桃李が矢田亜希子にアゴクイ&手首をベロリ...映画『不能犯』でセクシーな解禁カット

松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じるスリラー・エンターテインメント映画『不能犯』は2月1日全国公開。このほど、松坂演じる宇相吹のセクシーな一面が垣間見える画像が解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
  • (C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
  • (C)宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会
 松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じるスリラー・エンターテインメント映画『不能犯』は2月1日全国公開。このほど、松坂演じる宇相吹のセクシーな一面が垣間見える画像が解禁された。

 都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。彼こそがSNSで噂の"電話ボックスの男"だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故。宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、不能犯だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体。そして、真の目的とは。

 今回解禁された画像は、松坂演じる宇相吹が取り調べ室で夜目(矢田亜希子)の手首に虫がついていることを指摘し、「あー…噛まれましたね…」と呟いた次の瞬間、夜目の手首をベロリと舐め上げる宇相吹の姿を捉えたもの。また、もう一方の写真では、夜目の唇を押さえつけながら、アゴクイをする姿も押さえられており、今後の展開が気になってしまう。松坂演じるセクシーなダークヒーロー姿にも注目の映画『不能犯』は2月1日全国公開。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top