佐藤健、サプライズの生プロポーズに「はじめて見た」「かっちょいい!」 | RBB TODAY

佐藤健、サプライズの生プロポーズに「はじめて見た」「かっちょいい!」

エンタメ 映画・ドラマ

佐藤健と土屋太鳳【撮影:編集部】
  • 佐藤健と土屋太鳳【撮影:編集部】
  • 土屋太鳳【撮影:編集部】
  • 佐藤健【撮影:編集部】
  • 佐藤健と土屋太鳳と一般人のカップル【撮影:編集部】
  • 佐藤健と土屋太鳳【撮影:編集部】
 映画『8年越しの花嫁』大ヒット舞台挨拶が25日、都内の映画館で開催され、佐藤健と土屋太鳳が登壇した。

 同映画は結婚を約束した実在の2人の物語。結婚式を目前にした花嫁・麻衣を原因不明の病が襲い意識不明に。いつ目覚めるかわからない状態に麻衣の両親は「麻衣のことは忘れてほしいと」話すが、尚志は諦めずに看病を続ける。長年看病を続けた結果、ようやく麻衣が目覚めるが、そこには新たなる試練が。結婚を約束してから8年目に奇蹟が訪れる。

 尚志を演じた佐藤は冒頭「尚志さん、麻衣さんの人生に誠実に向き合った結果が、(皆さんに)届いたのかなと思い嬉しい」とコメント。麻衣役の土屋太鳳は「感動したという声をたくさんいただいてます。その声のひとつひとつに、私が感動をいただいてます」とあいさつした。

 印象に残っているシーンを聞かれると土屋は、出会いのアーケードのシーンを挙げた。「すごく難しくて、あそこのシーンで二人が恋をすることを感じていただかなきゃない。奇蹟につながるシーンなので……」と当日を振り返りながら話した。なお、佐藤とは、このシーンについて、メールでやり取りをしながらセリフを決めていたことも明かした。

 なお、「結婚」について佐藤は「男の人なら共感していだけると思うんですけど」と前置きをしながら、「大切な人が(結婚式を)したいというかたらるっていうモチベーションだと思うんです」として理想の形はないと話した。土屋は「育ててくれた両親に喜んでもらえる式をあげたい。好きだから“ポン”と挙げるというのではなく、どういうのがいいかを一緒に考えたほうがいい、と思いますね。おもてなしができる式をあげることができたらいいと思います」と話した。

 ここで、会場ではサプライズ人前式が。会場から結婚間近のカップルが呼ばれて、壇上に登場。何も知らされていない彼女を前に手紙を読み上げプロポーズが行われた。ちなみにこのカップルは付き合って8年目。プロポーズの言葉を聞いていた佐藤と土屋は「どきどきしますね」とコメント。「俺が守る」という男性の言葉に佐藤は「言うね~、かっちょいいですね~」「生プロポーズはじめてかもしれない」と感動した様子。土屋も「見てるこっちが緊張するのに感動しちゃって……」と言葉につまった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top