95年の歴史で初めて表紙が猫に!明日19日発売の「週刊朝日」は丸ごと一冊が猫だらけ | RBB TODAY

95年の歴史で初めて表紙が猫に!明日19日発売の「週刊朝日」は丸ごと一冊が猫だらけ

エンタメ その他

95年の歴史で初めて表紙が猫に!明日19日発売の「週刊朝日」は丸ごと一冊が猫だらけ
  • 95年の歴史で初めて表紙が猫に!明日19日発売の「週刊朝日」は丸ごと一冊が猫だらけ
 明日19日発売の「週刊朝日」(2017年12月29日号)の表紙には、同誌95年の歴史で初めて、 ネコが登場する。

 表紙を撮影したのは、 ネコを撮りつづけて40年以上で 「岩合光昭の世界ネコ歩き」でも知られる人気動物写真家の、 岩合光昭。 モデルとなった、 津軽のネコ・ハナちゃんとのエピソードも同誌で明かされている。

 また、同号には同じく岩合氏撮影の2018年カレンダー「子ネコの冒険」が、 綴じ込みの特別付録として付いてくる点にも注目。 さらに、連載コラムもことごとくネコ。連載執筆陣のうち、 内館牧子、 池谷裕二、 室井佑月、 東海林さだお、 嵐山光三郎、 春風亭一之輔、 帯津良一、 カトリーヌあやこ、 山田美保子、 山田清機、 津田大介、 東尾修の各氏が自身のコラムで「ネコ」に触れていく。

 連載漫画「ヘルプマン」「パパはなんだかわからない」「ペコロスの母の玉手箱」にもネコが登場。ネコ好きの作家・角田光代とミュージシャン・河野丈洋の夫婦対談、 「猫語を話そう」「愛猫との死別」といった特集記事もあり、 週刊朝日丸ごと一冊がネコだらけの号となる。なお、ネコが出ているページにはかわいい肉球スタンプが押してあるので分かりやすい。丸ごと一冊が猫だらけとなる「週刊朝日」(2017年12月29日号)は、明日19日発売。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top