2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら | RBB TODAY

2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら

エンタメ 映画・ドラマ

2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら
  • 2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら
  • 2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら
  • 2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら
  • 2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら
  • 2018年1月ドラマ『隣の家族は青く見える』に平山浩行、高橋メアリージュンら
 深田恭子と松山ケンイチが妊活に励む夫婦役を演じる2018年1月クールの木曜劇場『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)。今回、主人公たちが住むことになるコーポラティブハウスの隣近所の夫婦役に平山浩行と高橋メアリージュンの2人が出演するほか、伊藤かずえ、高畑淳子らの出演が発表された。

 同作は脚本家・中谷まゆみ氏によるオリジナルストーリー。コーポラティブハウスとは、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅。住人同士は密接な関係を築くことになり、各家族の秘密も徐々に暴かれていくことになる。主人公の五十嵐奈々(深田)とその夫・五十嵐大器(松山)は “子供が欲しいカップル”。2人の他に“子供が欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”、“子供と理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル”、 “男性同士のカップル”ら、それぞれ現代的な悩みを抱えた家族たちが、ひとつ屋根の下コーポラティブハウスで暮らすことになる。

 平山が演じるのは、ちょっとチャラいところもあるが仕事のできるスタイリストの川村亮司。高橋メアリージュンは、一生子供を持つ気がないネイリストの杉崎ちひろ役を演じる。2人は婚約中で、ちひろはバツイチの亮司とは子供を持たない約束をしている。コーポラティブハウスを2人だけの住居として購入した2人は、結婚式も間近に控え、ドレス選びなど式の準備に追われる日々を過ごしていたが、そんなある日、亮司に元妻の実家から連絡が入り...。

 一方、高畑が演じるのは、大器の母・五十嵐聡子。夫・五十嵐健作と一緒に焼き鳥屋を営むちゃきちゃきした性格の女性で、息子夫婦に子供が産まれてほしいと願っている。また、伊藤が演じるのは奈々・大器夫婦が診察を受けることになるクリニックの敏腕医師・片岡。あけすけな物言いで奈々・大器夫婦の診察や指導をしていく。

 第二弾の出演者発表があった同ドラマだが、今後の追加発表にも注目だ。新時代を象徴するような、新しい家族のカタチを描く木曜劇場『隣の家族は青く見える』は、2018年1月スタート。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top