土屋太鳳主演の映画『トリガール!』の主題歌にねごとのカバー曲!スピッツの「空も飛べるはず」 | RBB TODAY

土屋太鳳主演の映画『トリガール!』の主題歌にねごとのカバー曲!スピッツの「空も飛べるはず」

エンタメ 映画・ドラマ

土屋太鳳主演の映画『トリガール!』の主題歌にねごとのカバー曲!スピッツの「空も飛べるはず」
  • 土屋太鳳主演の映画『トリガール!』の主題歌にねごとのカバー曲!スピッツの「空も飛べるはず」
  • 土屋太鳳主演の映画『トリガール!』の主題歌にねごとのカバー曲!スピッツの「空も飛べるはず」
  • 土屋太鳳主演の映画『トリガール!』の主題歌にねごとのカバー曲!スピッツの「空も飛べるはず」
 9月公開予定の映画『トリガール!』。同映画の主題歌に、“ねごと”がカバーしたスピッツの名曲「空も飛べるはず」が起用されることが決定した。

 ねごとボーカルの蒼山幸子は「『トリガール!』をはじめて見させていただいたとき、太鳳ちゃん(土屋太鳳)演じる主人公のゆきなちゃんが人間らしくてまっすぐでとても魅力的な女の子でとても素敵だなぁと、思いました。同じ女性として、そんな風に思える素敵な女の子が主人公の『トリガール!』に関わることができてとても嬉しく思っています」とコメント。さらに、スピッツについては「本当に昔から憧れのバンド」として「『空も飛べるはず』という名曲すぎるこの曲を、こうして公式にカバーさせて頂くことができるなんて、ほんとうにドキドキしました。夢みたいなお話です。原曲のすばらしさをそのままに、映画を彩ることのできるようなテンポとアレンジを考えながら、胸いっぱいの気持ちで歌わせて頂きました」と話している。

 ねごとの「空も飛べるはず」も使用された映画『トリガール!』予告編が30日より劇場にて解禁となる。

 同映画には土屋太鳳に加え、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬など、注目株が集合。土屋太鳳は流されて流されて、なんとなく生きてきた、鳥山ゆきな役を演じる。鳥山ゆきなは一浪して入った理系大学では入学早々、理系のノリにカルチャーショックを受ける。そんな時、一目惚れした高杉真宙演じる高橋圭先輩に「いいカラダしてるね」と殺し文句で誘われるままフラフラとサークルに入部。そのサークルは、毎年、二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を 目指す人力飛行サークル“Team Birdman Trial”だった。憧れの圭先輩と二人っきりで大空にはばたくはずがヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもトドキドキする最高の夏が始まる――。

 土屋太鳳は今回の起用について「聴いた瞬間、“ゆきな”の夏へタイムスリップしました。草の香りとか、陽炎が浮かぶアスファルトの熱とか、周りの景色がどんどん後ろに飛んでくロードバイクの風とか、せつない夕焼けの琵琶湖とか、そういった“ゆきな”の記憶が、ねごとさんの放つ音に存在してるんです。しかも全力で…最高。この夏はこの音で飛びたい」とコメントしている。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top