松本人志、芸能リポーター転身のオモロー山下に苦言「コイツと飯食いに行くことはもうない」 | RBB TODAY

松本人志、芸能リポーター転身のオモロー山下に苦言「コイツと飯食いに行くことはもうない」

エンタメ その他

松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
 18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、芸人を引退し芸能リポーターに転身することを発表したオモロー山下について、松本人志がコメントした。

 番組ではオモローが、お笑い芸人としての「能力の限界」を感じ、自ら女性週刊誌「女性自身」に売り込み、専属の芸能リポーターとして採用されたという経緯を説明。一方松本人志の口からは、事前にオモローから相談されたという内容が明かされた。

 数ヶ月前にオモロー山下に呼び出され「芸人をやめようと思います」と告白されたという松本。しかし、オモローが自身の記事に、松本が転身を「面白がってくれた」と述べていたことに松本は「これがちょっとウソが多くて」と不満を口に。松本によれば、オモロー山下は元々芸能リポーターの井上公造への"弟子入り"を狙っていたという。「その後いろいろあって、井上さんにふられたんでしょうね。今は中途半端で、僕はこれを全然面白いと思ってないんですけど」と松本はオモローの現在の状況に至るまでの内々の事情を暴露。現在のオモローの立場は「おもしろくない」と率直に語った。

 また、プライベートで親交があったというウェンツ瑛士は「いろいろ情報知ってるわけじゃないですか。そこはいいんですか?」と疑問を。すると松本はこれに即座に同意。「良くないと思うねん!コイツと飯食いに行くことはもうないよね、だってこいつの前で下手なこと言われへんから」と、転身によってオモローとの付き合い方が激変するときっぱりと述べた。

 また、番組ではオモローが「女性自身」側の全体会議にも、情報漏えいの不安から参加できていないことに言及。オモロー山下が松本が述べたような「中途半端」な状態であることがさらに浮き彫りとなった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top