長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む | RBB TODAY

長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む

7月スタートの長瀬智也主演、日曜劇場『ごめん、愛してる』(毎週日曜21時)に池脇千鶴の出演が決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む
  • 長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む
  • 長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む
  • 長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む
  • 長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む
  • 長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に池脇千鶴が出演!難役に挑む
 7月スタートの長瀬智也主演、日曜劇場『ごめん、愛してる』(毎週日曜21時)に池脇千鶴の出演が決定した。

 母に捨てられ、これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い愛を求める律(長瀬智也)と、だんだん彼に惹かれていく純粋で愛情深い凜華(吉岡里帆)、母の愛を一身に受け屈託なく生きるアイドルピアニストのサトル(坂口健太郎)、そして自分が産んだ律がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子(大竹しのぶ)。同ドラマは律・凜華・サトルの男女、律・サトル・麗子の母子、2つの三角関係が交差するラブストーリーだ。

 池脇は、2003年放送の『大奥』(CX)以来14年ぶりとなる民放連続ドラマへのレギュラー出演で、子供の頃の事故の影響により7歳程度の知能で止まってしまっている高次脳機能障害を患う役に挑む。高次脳機能障害は、一見、健常者とかわらなく見えるが、複数の障害を併せ持ち、症状も多岐にわたるため、周囲からなかなか理解されにくい障害だ。池脇は若菜を演じるために、高次脳機能障害について勉強。自ら何度も取材に赴き、障害を理解しようと関係者に質問を重ねたそうだ。

 同ドラマへの出演が決まった池脇は、「ドラマを観る方は、主人公や恋愛する4人の男女に思いを入れることができると思うけれど、私の役柄は理解しにくい部分もあるかもしれません。広い心で観て、ドラマ全部をまるごとただ楽しんでいただければと思います。」と意気込みを語っている。

 なお、今回サトルが夢中になる個性的な天才サックス奏者・古沢塔子役を大西礼芳、律の出生の秘密を知るゴシップ記者・加賀美修平を六角精児、麗子のマネージャーで凜華の父・三田恒夫を中村梅雀が演じることも決まった。ドラマ『ごめん、愛してる』(毎週日曜21時)はTBS系列にて7月スタート。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top