トヨタとKDDIなど、「つながるタクシー」の走行データを活用する実証実験を開始 | RBB TODAY

トヨタとKDDIなど、「つながるタクシー」の走行データを活用する実証実験を開始

ブロードバンド 回線・サービス

実証実験のイメージ
  • 実証実験のイメージ
トヨタ自動車とKDDIは、東京ハイヤー・タクシー協会(東タク協)と共同で、「つながるタクシー」から取得する大容量の走行データ通信・活用の実証実験を開始した。

実証実験では、東タク協が選定した東京都内のタクシー500台に通信型ドライブレコーダー「TransLog」を搭載。KDDIのLTEネットワークを通じ、実際の走行画像や車両データをリアルタイムに収集する。収集したビッグデータを解析することで、「つながるタクシー」に必要となる通信インフラの要件を明確にするとともに、車線ごとの混雑状況や障害物の有無を含むダイナミックマップを生成する技術検討を開始するなど、トヨタが提唱するモビリティサービス・プラットフォームの機能拡充を目指す。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top