岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」 | RBB TODAY

岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」

エンタメ その他

岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
  • 岡田結実は家訓無視の芸人大好き!でも「我が家・杉山さんはちょっと...」
 モバイルゲーム開発会社Supercellは、リアルタイム対戦型カードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル(以下、クラロワ)」の新テレビCM「ぶっこみお嬢様」シリーズとして、「誕生の瞬間」篇、「お父様とお食事」篇、「ぶっこみマウンテン」篇の3篇を、18日から順次放送する。

 同CMキャラクターには、モデル・タレントとして活躍中の岡田結実を起用。岡田は、お兄様を演じる松岡広大、お父様を演じる大和田伸也とともに、「クラロワ」を楽しむあまり“ぶっこみワード”が口癖になった、清楚で破天荒なお嬢様を演じている。

 本日17日、同テレビCM発表会が開催され、岡田と“ぶっこみ芸人”我が家(坪倉由幸、杉山裕之、谷田部俊)が登壇。完成したばかりのCMを見ながら、撮影エピソードを明かした岡田が、我が家とギリギリ質問をぶっこみ合う「ぶっこみトークバトル」を繰り広げた。「芸人を好きになったらどうする?」という質問カードが出されると岡田は「『芸人はやめとけ』って岡田家の家訓があるんですけど...」と前置きをしつつも「芸人さん大好きなので、もし付き合ったら毎日笑わせてほしいですね」と家訓無視のコメント。「じゃあ、芸人でもいいってこと?」と杉山に深掘りされると、即座に「杉山さんはちょっと...」と岡田。「勝手に俺の名前出して削らないで(=ダメージを与えないで)でください!」と、ジャッジ役のはずなのにつっこみをくらって悲鳴を上げる杉山に、場内は爆笑に包まれた。

 また、岡田が「杉山さんはどの層に人気があるんですか?」という質問カードをぶつけると坪倉が「結実ちゃんありがとう。それは俺たちも気になっていた!」とコメント。谷田部の1歳の子どもと杉山が対面をした際、人懐こくいつも笑顔の子どもが大泣きし、帰り道まで泣き続けたというエピソードも披露され、「自分で言うのも何だけど、引くほど泣いてたね...最後まで抱けなかった」と語る杉山に、坪倉が「親に似るんだな...」、谷田部が「俺も(杉山のこと)苦手だからな...」と答えるなど、我が家の絶妙なコンビネーションでひと笑いする場面もあった。さらに、坪倉、谷田部から「結実ちゃん、杉山の代わりに我が家に入って人気を上げてくれませんか?」と尋ねられると、岡田は「それはNGです~!」とNG札を使用。「やっぱり杉山さんあっての我が家さんだと思うので」という理由に、「ずるいね、逃げ切った」「ずるいけど気持ちよかった」と感心する3人だった。





《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top