あの宇宙船型の米アップル新社屋が4月オープン! | RBB TODAY

あの宇宙船型の米アップル新社屋が4月オープン!

IT・デジタル その他

あの宇宙船型の米アップル新社屋が4月オープン!
  • あの宇宙船型の米アップル新社屋が4月オープン!
  • あの宇宙船型の米アップル新社屋が4月オープン!
  • あの宇宙船型の米アップル新社屋が4月オープン!
 米Appleは現地時間22日、カリフォルニア州クパチーノ市に建設中の新社屋について、4月にオープンとなることを発表した。

 新社屋の名称は、「Apple Park」。パークという名称にふさわしい東京ドーム約15個分にあたる175エーカー(約70万平方メートル)もの広大な敷地を持つ同施設では、4月から徐々に従業員が勤務を開始し、最終的には約12,000人もの従業員が勤務することになる。夏の間は、さらに建物や公園の建設が続く予定だという。

 同施設の建設計画については故スティーブ・ジョブズ時代から進められており、数マイルもの緑の広場がキャンパスを囲むほか、本館建物周囲のリング部分は、世界最大の湾曲ガラスパネルに覆われている。

 スティーブ・ジョブズはもし存命であれば、24日に62歳の誕生日を迎えるはずだった。同社には彼の永続的な影響力が残っているとされるが、これを讃える目的で、Apple Park内部に建設される劇場は、「スティーブ・ジョブズシアター」という名前が付けられた。今年後半にオープンを迎える同シアターは丘の上に建設されている。これはパーク内ではもっとも高いポイントの1つ。パーク内の主要な建物を見下ろすポジションに建てられた理由は明確に語られていないが、きっとスティーブ・ジョブズに対して、ずっとAppleを見ておいて欲しいという想いも込めたのであろう。ティム・クックCEOは「スティーブ・ジョブズのビジョンは、時を超えて我々と共にある」と話すなど、スティーブ・ジョブズの存在感はいまだ社内で強い影響力を持っていることを明かしている。

 さらにパークの設計や環境への配慮について、ティム・クック氏は「ワークスペースと公園は、チームに刺激を与え、かつ環境にも恩恵があるように設計されている。私たちは、世界でもっともエネルギー効率の良い建物の1つを達成した。キャンパス全体は、すべて再生可能エネルギーによって運営される」とした。これは、パーク内で使用される電力が、キャンパス建物等に設置された、太陽光パネルによって賄われることを指す。

 Apple Park内には、キャンパスやシアター、公園以外にも、従業員向けのフィットネスセンターや、研究開発施設、オープンカフェ、Apple Store、ビジターセンターなども併設される予定。Appleファンであれば、ぜひ一度訪れてみたい施設になりそうだ。
《Tsujimura》

編集部のおすすめ記事

特集

page top