北川景子、「自分には橋本マナミの色気は絶対出せない」 | RBB TODAY

北川景子、「自分には橋本マナミの色気は絶対出せない」

エンタメ 映画・ドラマ

北川景子
  • 北川景子
  • 映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の公開初日舞台挨拶が28日行なわれた
  • 北川景子
  • 佐々木蔵之介
  • ヒョウ柄のスカートで登場した北川景子
  • 橋本マナミ
  • 劇中で小清水が騙し取った金額ほどの高額アクセサリーを付けてきたという橋本マナミ。「レンタルですけどね」と一言。
  • 橋爪功
 映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の公開初日舞台挨拶が28日行われ、W主演の佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)他メインキャストと小林聖太郎監督が登壇。映画のヒットを祈願した。

 本作は、直木賞を受賞した黒川博行の同名小説が原作。大阪を舞台に、イケイケのヤクザとぐーたら貧乏の凸凹コンビが織りなすアクションと大阪弁の掛け合いが豊富な大追跡エンタテインメントだ。

 舞台挨拶には、主演の2人と監督に加え、北川景子、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、橋本マナミ、木下ほうか、橋爪功が登場。○バツプレートを使ってのクロストークを展開した。

 「自分が演じた役以外の役を演じてみたいか」という質問には、矢本以外の全員がバツと回答。北川は「女性のキャストが少ない映画なので、パツと考えたときに(橋本)マナミちゃんの役はできないなと思って(笑)。あの愛人役の色気はマナミちゃんにしか絶対出せないので、違う役で良かったなと。適材適所だと思いました」とコメント。橋本も「私も愛人でいいかな(笑)」と返した。

 次に、「東京に魂を売ったと思う時がある」の質問に○を挙げた佐々木。「受験で初めて東京に来たときに、新宿どこですか?ってすぐに自分の口から標準語が出て、『東京駅着いていきなり標準語をいってもうた』ってものすごく凹んだ」と早々に東京に魂を売ってしまったエピソードを告白。

 また、25歳で上京し、早い段階で東京に魂を売ったという木下。「当初ホームシックで何回も大阪に帰ったんですけど、ガラが悪いじゃないですか、大阪って。東京に来てみての印象は、みんなちゃんと並ぶし、クラクション鳴らさないし、急にどついてくる人もない。平和なので、僕は東京の方が合ってるなって。育ちが良いので思いました」と話すと、「大阪ってそんなに怖いところなんですか?」とMC。「怖いですよね?」と木下が他キャストに尋ねると、横山は「この前大阪でロケしてて、普通におばちゃんが僕に近寄ってきて、スッとポケットにアメちゃん入れていきましたけどね。だから良い町ですよ」と微笑ましいエピソードを明かした。

 「またこのメンバーで映画をやりたい」の質問にも1人だけバツを挙げる橋爪。佐々木に刺されたりどつかれるなどのシーンがあり、「あの後1か月立てなかったんですよ、僕。仕事2本断ったんですよ」と茶目っ気たっぷりなトークで盛り上げた。

 作品について聞かれた佐々木は、「大阪が舞台で関西弁でカッコイイ映画が撮れたらなって思っていました。関西弁だけど全然ベタベタじゃない。熱血ではない、突き抜けた爽快感があるくらい激しくて、主役2人の関係も大阪の町も乾いた、ドライなカッコイイ映画が撮りたいと思っていました。見事にそんな映画が撮れました」と作品の出来に自信をみせた。最後は会場のみんなで一本締めをしてヒットを祈願した。
《non》
page top