SIMフリー版iPadの中古価格は?【連載・今週の中古タブレット】 | RBB TODAY

SIMフリー版iPadの中古価格は?【連載・今週の中古タブレット】

IT・デジタル モバイル

2012年に発表された初代「iPad mini」
  • 2012年に発表された初代「iPad mini」
  • (C)Getty Images
 中古スマホ・タブレットを取り扱っている「ゲオ」では現在、どんなタブレット端末に人気が集まっているのだろうか。北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオ全店のデータを集約した、最新の販売・買取ランキングを本稿で紹介していこう。調査期間は8月22日から8月28日までの1週間となっている(データ提供:株式会社ゲオ)。

■“販売”数量ランキングは?

 まずは中古タブレットの販売数量ランキングから。ドコモでは1位が富士通 ARROWS Tab F-02Fで14,800円、2位がXperia Tablet Z SO-03E(18,800円)、3位がHuawei dtab d-01G(13,800円)で、順位に変動はなかった(状態の良い中古良品「中古A」の税抜価格。以下同)。iPadシリーズは8位にiPad mini4 Wi-Fi+Cellular 16GB(36,800円)、10位にiPad Air 2 <第6世代> Wi-Fi+4G 16GB(38,800円)が入っているのみで、売れているのはAndroidタブレットという印象。

 auでは1位が京セラ Qua tab 01 KYT31(10,800円)、2位はiPad mini Retinaディスプレイモデル <第2世代> Wi-Fi+Cellular 16GB(21,800円)、3位はASUS MeMO Pad 8(10,800円)、4位はiPad mini4 Wi-Fi+Cellular 16GB(31,800円)。AndroidタブレットとiPadシリーズがバランスよく売れている。Qua tab 01は約8.0インチの高精細ディスプレイを備えた2015年の夏モデルで、IPX5/ IPX7の防水にも対応している。定価で買うと25,000円前後する製品だ。

 ソフトバンクではiPad Air2 <第6世代> WiFi+4G 16GB(36,800円)、iPad Air <第5世代> Wi-Fi+Cellular 16GB(29,800円)の販売台数が多い。Androidタブレットは3位に入ったGALAXY Tab4(10,800円)のみだった。

<docomo>
【1】ARROWS Tab F-02F/20131127/富士通/14,800/11,800
【2】Xperia Tablet Z SO-03E/20130322/Sony Mobile/18,800/14,800
【3】dtab d-01G/20150226/Huawei/13,800/9,980
【4】AQUOS PAD SH-08E/20130802/シャープ/12,800/9,980
【5】ARROWS Tab LTE F-01D/20111019/富士通/8,980/7,180

<au>
【1】Qua tab 01 KYT31/20150724/京セラ/10,800/8,580
【2】iPad mini Retinaディスプレイモデル <第2世代> Wi-Fi+Cellular 16GB/20131101/アップル/21,800/16,800
【3】MeMO Pad 8 AST21/20140822/ASUS/10,800/8,580
【3】iPad mini4 Wi-Fi+Cellular 16GB/20150910/アップル/31,800/24,800
【5】AQUOS PAD SHT21/20121207/シャープ/7,980/6,380

<SoftBank>
【1】iPad Air2 <第6世代> WiFi+4G 16GB/20141024/アップル/36,800/28,800
【2】iPad Air <第5世代> Wi-Fi+Cellular 16GB/20131101/アップル/29,800/23,800
【3】GALAXY Tab4/20141219/日本サムスン/10,800/8,580
【4】iPad Air <第5世代> Wi-Fi+Cellular 32GB/20131101/アップル/33,800/26,800
【5】iPad <第3世代> Wi-Fi+4G 16GB/20120316/アップル/19,800/15,800
※製品/発売日/メーカー/AA中古販売価格(中古A)/AA中古販売価格(中古B)
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top