土屋太鳳&山崎賢人が同窓会!? 『orange』BD&DVDコメンタリー | RBB TODAY

土屋太鳳&山崎賢人が同窓会!? 『orange』BD&DVDコメンタリー

エンタメ 映画・ドラマ

『orange‐オレンジ‐』ビジュアルコメンタリー (C)2015「orange‐オレンジ‐」製作委員会 (C)高野苺/双葉社
  • 『orange‐オレンジ‐』ビジュアルコメンタリー (C)2015「orange‐オレンジ‐」製作委員会 (C)高野苺/双葉社
  • 『orange‐オレンジ‐』ビジュアルコメンタリー (C)2015「orange‐オレンジ‐」製作委員会 (C)高野苺/双葉社
  • 『orange‐オレンジ‐』Blu-ray&DVD (C)2015「orange‐オレンジ‐」製作委員会 (C)高野苺/双葉社
  • 『orange-オレンジ-』(C)2015「orange」製作委員会  (C)高野苺/双葉社
  • 『orange-オレンジ-』(C)2015「orange」製作委員会  (C)高野苺/双葉社
  • 『orange-オレンジ-』(C)2015「orange」製作委員会  (C)高野苺/双葉社
土屋太鳳と山崎賢人がタッグを組み、興行収入32億円超の大ヒットを記録した『orange-オレンジ-』。切ない恋愛模様を描いた本作のBlu-ray&DVD発売が6月15日(水)に決定し、竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみも加わった、まるで同窓会のようなビジュアルコメンタリー収録の様子が一部公開された。

高校2年生の春、菜穂(土屋太鳳)に届いた手紙、それは10年後の自分からのものだった。書かれていたのは、転校生の翔(山崎賢人)を好きになること、翔が1年後には死んでしまっているということ。そしてその未来を変えるためにやるべきこと。初めはイタズラかと思ったが、書かれていることが次々と起こっていく。なぜ翔を失ってしまったのか? 26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないためには、どうすればいいのか? 動き出す、未来を知った菜穂の運命を変えていく日々。その先にある結末とは――。

土屋さん、山崎さんという、朝ドラ「まれ」コンビの映画初共演でも話題となり、興行収入32億円を超える大ヒットを記録した本作。第39 回日本アカデミー賞にて、2人そろって新人俳優賞を受賞したことも記憶に新しい。また、2人を支える同級生役として登場するのが、竜星さん、山崎紘菜さん、桜田さん、清水さんといった、フレッシュな魅力に満ちた若手実力派俳優たち。

今回は、土屋さん、山崎賢人さんにこの4名が加わり、撮影から数か月ぶりに6人が集結。豪華版ディスクに収められるシーンセレクション・ビジュアルコメンタリー収録が行われた。

撮影時から仲の良かった6人は、映画の冒頭から「懐かしい~」と大盛り上がり! 美しい映像が印象的な本作の、土屋さん演じる菜穂が桜を眺めるシーンや、広い空がオレンジに染まる夕焼けのシーン、 教室の外に見えるアルプス山脈など、映像を見ながら「これはホンモノ?」「これはCG?」とスタッフに尋ね、「本当に景色が美しかったから、合成していてもホンモノかCGか分からないね」と、一同で感心した様子。

6人はほとんどのシーンで、そのシーンに出番がなくても現場にいたそうで、その日の天気や気温、どうやってこのシーンを撮影したかなどを思い出し、「そうそう!」と、次々と裏話を披露。まるで同窓会のように話が弾み、撮影当時のチームワークの良さを思わせる盛り上がりを見せていた。


また、劇中で、面倒見の良い少し大人っぽい貴子役を演じた山崎紘菜さんは、時折土屋さんに「このとき、どんな気持ちだったの?」「菜穂になるために意識していたことはどんなこと?」などと質問し、役さながらにまとめ役を買って出て進行をサポート。切ないシーンも多いため、キャスト陣は「あ~ここ本当に切ない!」「あ、ダメだ、このシーン泣いちゃう」など、映画を観て感じたこともそのまま言葉にしたり、感動するシーンでは、声をそろえて「きたー!」と観客目線で盛り上がる一幕も。キャストと共感できる瞬間も楽しめる特典映像となっている。

そして最後には、山崎賢人さんが「この6人で過ごした時間にはウソがない。だから楽しくて、みんなが愛おしくて、今日こうやって6人で観られて嬉しかった。DVDを観てくれる人たちにも、(作品を)大切に思ってもらって何回も観てもらえたら嬉しい」と作品に対する想いを語り、土屋さんも「このメンバーで(この作品が)出来たことがほんとうに嬉しいし、本当に良かったなと思う。この 6人が本当に素晴らしいし、絆を感じる。(この作品には)その役を生きた時間がしっかり残っているから、“愛情”とか“命”のバトンが、このDVDを通していろんな人たちに届いたらいいなと思います」と感慨深くコメント。

豪華版には、このほかにも、未公開シーンやメイキング映像など貴重な特典映像が収録されるほか、オリジナルのレターセットや豪華ブックレットも封入。切なく不思議な青春群像劇『orange‐オレンジ‐』に再び会える日を、楽しみにしていて。

『orange‐オレンジ‐』Blu-ray&DVDは6月15日(水)よりリリース。

土屋太鳳&山崎賢人、まるで同窓会!? 『orange』コメンタリー収録で大盛り上がり

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top