クラウド監視カメラシリーズの保証期間を3年&5年に拡大 | RBB TODAY

クラウド監視カメラシリーズの保証期間を3年&5年に拡大

IT・デジタル セキュリティ

主にホームセキュリティ向けの「QBiC CLOUD CC-1」は3年、業務用途向けの「QBiC CLOUD CP-1 S/W」は5年にそれぞれ保証期間を延長。取扱説明書に保証期間1年と記載されている製品にも自動的に適用される(画像はプレスリリースより)
  • 主にホームセキュリティ向けの「QBiC CLOUD CC-1」は3年、業務用途向けの「QBiC CLOUD CP-1 S/W」は5年にそれぞれ保証期間を延長。取扱説明書に保証期間1年と記載されている製品にも自動的に適用される(画像はプレスリリースより)
 エルモは24日、ホームセキュリティユースを想定したクラウド録画型防犯カメラ「QBiC CLOUD」シリーズ製品の標準保証期間を延長する「あんしん保証サービス」を開始した。

 「QBiC CLOUD」シリーズは、カメラとスマートフォンで手軽に見守り環境を構築できるクラウド監視カメラ。同社はこれまでホームセキュリティ向けの「QBiC CLOUD CC-1」と小規模事業者を想定した業務用途向けの「QBiC CLOUD CP-1 S/W」をそれぞれ2015年5月と8月に発売し、販売実績を伸ばしてきた。

 そうしたなかで、これまで以上に「簡単に」かつ「高性能・高機能を安心して」より多くのユーザーに使ってもらうため、「QBiC CLOUD」シリーズの保証期間を延長するという。

 「QBiC CLOUD CC-1」の保証期間を3年に、「QBiC CLOUD CP-1 S/W」は保証期間を5年に延長。本サービスの開始以前に購入した製品についても、保証期間の延長は自動的に適用される。

 保証期間は、購入日を起点としているため、保証書はもちろんのこと、購入時に発行される領収書(レシートなど)も必要になるので保管を呼びかけている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top