ピクサー最新作『アーロと少年』監督、あの作品のキャラクターモデルだった! | RBB TODAY

ピクサー最新作『アーロと少年』監督、あの作品のキャラクターモデルだった!

エンタメ 映画・ドラマ

片桐はいり&松重豊&八嶋智人&ピーター・ソーン監督&安田成美&石川樹&デニス・リーム/『アーロと少年』来日記者会見
  • 片桐はいり&松重豊&八嶋智人&ピーター・ソーン監督&安田成美&石川樹&デニス・リーム/『アーロと少年』来日記者会見
  • ピーター・ソーン監督/『アーロと少年』来日記者会見
  • デニス・リーム/『アーロと少年』来日記者会見
  • 安田成美/『アーロと少年』来日記者会見
  • 片桐はいり&松重豊&八嶋智人/『アーロと少年』来日記者会見
  • ピーター・ソーン監督/『アーロと少年』来日記者会見
  • 石川樹&安田成美/『アーロと少年』来日記者会見
  • ピーター・ソーン監督&安田成美&石川樹&デニス・リーム/『アーロと少年』来日記者会見
ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』を手がけたピーター・ソーン監督が2月4日(木)、都内で行われた来日記者会見に出席。ソーン監督は『カールじいさんの空飛ぶ家』に登場する少年ラッセルのモデルだといい、その“そっくりぶり”が話題になった。

隕石が衝突せずに、絶滅を免れた恐竜が言語と文明を手に入れた世界を舞台に、臆病で甘えん坊の恐竜・アーロが、怖いもの知らずの人間の少年と出会い、冒険を繰り広げる感動ファンタジー。ピクサー・アニメーション・スタジオのスタッフとして、数々の作品に貢献したソーン監督にとって本作が初の長編映画であり、劇中ではミステリアスな恐竜ペット・コレクターの声も担当している。

まるで実写のような大自然の描写が見どころの本作。ソーン監督は「大自然がもつ美しさと魔法、そして怖さをいかに描くかが課題だった。だからこそ、ストーリーはシンプルに仕上げました」と明かし、「大自然へのリスペクトという点では、ジブリ作品にインスピレーションを受けている」と語った。

また、言葉をしゃべる怖がりな恐竜と、自然育ちの野生児である人間の少年というコンビネーションについては、「逆転の発想が面白いと思ったし、アーロの成長を描くには最適な設定だからね」と説明していた。

ソーン監督とともに、来日を果たしたプロデューサーのデニス・リーム氏は、大の日本通であるジョン・ラセターから“おすすめリスト”を手渡されたそうで、「彼のおすすめは、(新宿にある)ロボットレストラン。それに昨日、明治神宮を散歩していたら、偶然、結婚式を挙げていて…。究極の美を追求する日本独自の美意識は、今後の仕事に生かしたいわ」とコメント。すると、ソーン監督が「次回作はスシ・ムービーで決まりだね。でも、寿司は(生ものなので)寿命が短いかな」と笑いを誘っていた。

ちなみに2016年は本作に加えて、待望のシリーズ続編『ファインディング・ドリー』も公開されるピクサー・イヤー! しかも、創設30周年のアニバーサリーにあたり、リーム氏は「しかも今日(現地時間2月3日)が、創設記念日なの! そんな記念すべき日に、念願だった日本にいられて本当にうれしい」と感無量の面持ち。「ピクサーで働く人々に共通するのは、映画への愛。そして常に最高のものを生み出そうと、仕事に全力を注ぐ姿勢だと思うわ」と30年間変わらないピクサーの哲学を語った。

会見には日本語吹き替え版で、主人公・アーロを優しく見守るアパトサウルスの“ママ”を演じる安田成美、アーロと少年が出会うTレックス一家役の松重豊、八嶋智人、片桐はいり、アーロ役の石川樹が駆けつけ、バレンタインデーを前に、映画特製のチョコケーキをプレゼント。ソーン監督は、「カワイイ!」と日本語で感激していた。

『アーロと少年』は3月12日(土)より全国にて公開。

『アーロと少年』監督、あのピクサー作品の人気キャラのモデルだった!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top