「CES 2016」では警備が強化……スーツケース持ち込み禁止、爆発物探知犬も投入 | RBB TODAY

「CES 2016」では警備が強化……スーツケース持ち込み禁止、爆発物探知犬も投入

 コンシューマ・エレクトロニクス分野の展示会「CES」を主催・運営するConsumer Technology Association(CTA:全米民生技術協会)は21日、世界情勢を鑑みて、「CES 2016」のセキュリティ対策を強化することを発表した。

エンタープライズ 企業
「CES 2016」サイト
  • 「CES 2016」サイト
  • 「CES 2016」のセキュリティに関するページ
 コンシューマ・エレクトロニクス分野の展示会「CES」を主催・運営するConsumer Technology Association(CTA:全米民生技術協会)は21日、世界情勢を鑑みて、「CES 2016」のセキュリティ対策を強化することを発表した。

 「CES 2016」は、米ラスベガスで1月6日~9日に開催。3,600以上の出展企業が参加する。現時点でCESに対する確実な脅威はないが、予防措置として補強を進めるとのこと。

 具体的には、公式展示会場およびコンファレンス会場への旅行鞄の持ち込みが禁止され、会場内でのスーツケースの使用が認められない。また、キャスター付きのバッグも、すべて禁止となる。公式展示会場内への持ち込みは、2個のバッグのみ、それぞれ30×43×15cmまでに制限される。

 展示会場への入場に際しては、すべての人に金属探知機のスキャンとボディタッチによる検査、バッグ内容の確認が行われる。また、公式CESバッジと政府発行の写真付きIDが必要となる。会場では、警備員や警察官が増員されるほか、防護服を着用した警察官、爆発物探知犬も投入される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top