オリラジ中田、『アイアンマン』に学ぶ経済学? | RBB TODAY

オリラジ中田、『アイアンマン』に学ぶ経済学?

エンタメ 映画・ドラマ

「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
  • 「ジェシカ・ジョーンズ」トークイベント
ネット配信サービス「Netflix」と「マーベル」が共同で製作した連続ドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」の配信開始を記念し、中田敦彦(オリエンタルラジオ)をはじめ、お笑い界きっての“マーベル好き芸人”たちが集結し11月25日(水)、トークイベントを行った。

ドラマはニューヨークを舞台に“元”ヒーローで、いまは引退して私立探偵を営むジェシカ・ジョーンズの姿を描いたサスペンスタッチの作品に仕上がっており、謎めいた敵の存在、ジェシカがヒーローを引退した理由、彼女の心の傷などが徐々に明らかになっていく。

この日は、“マーベル大好き芸人”として中田敦彦(オリエンタルラジオ)、竹若元博(バッファロー吾郎)、川谷修士(二丁拳銃)、金成公信(ギンナナ)、おもしろ佐藤(御茶ノ水男子)、坂本純一(GAG少年楽団)が、おそろいの本作のTシャツを着て登場。

登壇陣はそれぞれに熱い「マーベル愛」を吐露! 中田さんはマーベルにハマったきっかけについて「僕は少し遅めで『アイアンマン』から。社長なんだけどヒーローというのはすごく大事だと思います! アメリカの経済が強いのは、憧れるような強い社長が主人公になってるから。“社長的ヒーロー”が現れれば日本の経済も上向きになると思います」とマーベルを通しての経済政策までも提言!?

そんなマーベル好きの芸人たちにとっても、本作「ジェシカ・ジョーンズ」は過去の作品とは毛並みが違い、異色のものと映ったよう。川谷さんは「元ヒーローが引退して私立探偵ってなかなかないですよね」と設定の巧みさに言及。中田さんは、この日、観客と一緒に第1話を鑑賞したが「この後、どうなるんだろう? という感じがすごい! 立ち向かえるんですか? おれなら、あのまま遠い国に逃げますよ」とジェシカを襲う過酷な運命に早くもハラハラ。また、第1話からヒーローならではの激しすぎるベッドシーンが登場するが、既に数話を鑑賞している他の登壇陣からは「そこ大事ですから!」と思わせぶりな発言も…。

竹若さんは、マーベル好きらしく「原作者のスタン・リーを探すのも楽しみ。必ず自分の作品に少しだけ出てくるので」と上級者向けの楽しみ方を伝授する。

また、ジェシカの敵が姿を現さないという点、そしてその敵は、人々を洗脳し操るという恐るべき能力を持っていることも本作の大きな魅力であり特徴。川谷さんは「派手なヴィラン(悪役)が出てくるのがアメコミですが、この作品では、洗脳して操る男とパワー系の主人公がどう戦うのかが魅力! 心理戦の面白さもある」と分析。過去に様々な超能力を持った登場人物たちが出てくる映画やドラマは数多くあったが、中田さんは「時間系の能力と洗脳系、どっちが最強なのか? 怖いです。これに立ち向かえるのか…?」と先の展開が気になるようだった。

「ジェシカ・ジョーンズ」はNetflixにて配信中。

オリラジ中田、経済上向きにアイアンマンが必要と主張!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top