素材はプラスティック! 3Dプリンターで服を量産 | RBB TODAY

素材はプラスティック! 3Dプリンターで服を量産

エンタープライズ フォトレポート

「3D Normcocre」の着用イメージ
  • 「3D Normcocre」の着用イメージ
  • 「3D Normcocre」の本体
  • 「3D Normcocre」の着用イメージ
  • 「3D Normcocre」の着用イメージ
 アパレルのオンライン製作サービスを展開するSTARtedは16日、3Dプリンターを使った服の量産販売に向けて、そのプロトタイプ(原型)となる「3D Normcocre(3Dノームコア)」を発表した。

 「3D Normcocre」の製作にあたり、素材にはAuxetic Materials(オーセチック構造)による”しなやかなプラスティック”を採用。3Dプリンターでの量産はもちろん、普通に着られる“プラスティックの服”だという点でもユニークな取り組みだと言える。なお、同構造は3Dモデラーの小野正晴氏と、東京大学大学院でデジタルファブリケーションなどを研究をしている大嶋泰介氏が開発した。

 今後は素材や構造、製法を見直し、さらなる開発を進めるとのこと。2016年内には、”しなやかなプラスティック”を使い、3Dプリンターでの服の量産販売を展開する予定だという。

3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

《加藤/H14》

関連ニュース

特集

page top