日本語を自動で翻訳し拡声するメガホン型翻訳機を成田空港が試験配備 | RBB TODAY

日本語を自動で翻訳し拡声するメガホン型翻訳機を成田空港が試験配備

エンタープライズ その他

「メガホンヤク」はメガホンに向かって日本語で話すことで、3ヶ国語に翻訳し拡声を行う(画像はプレスリリースより)
  • 「メガホンヤク」はメガホンに向かって日本語で話すことで、3ヶ国語に翻訳し拡声を行う(画像はプレスリリースより)
  • メガホン型翻訳機の空港での配備は今回が世界初となるという(画像は成田国際空港公式Webサイトより)
 成田国際空港は12日、空港での緊急時案内用として、日本語を多言語に翻訳して繰り返し拡声することができるメガホン型翻訳機「メガホンヤク」を試験配備することを発表した。

 「メガホンヤク」は、パナソニックが研究開発を進めているメガホン型翻訳装置で、成田国際空港は実用性を高めるための開発支援を行っている。

 試験配備での検証は、緊急時や災害時、天候不良などの際に、空港ターミナル内に滞在するお客様向けの案内として、日本語の元文章を英語、中国語、韓国語に翻訳し、拡声した上で繰り返し案内を行うというもの。成田国際空港がスマートフォン向けに提供している翻訳アプリ「NariTra(ナリトラ)」の翻訳システムと連携した検証試験も予定している。

 成田空港では12月から2016年3月まで実用性を検証した上で、本格的な導入を行っていく予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top