オンプレミス版とCloud版をチョイス可能……MJSマイナンバーシリーズ | RBB TODAY

オンプレミス版とCloud版をチョイス可能……MJSマイナンバーシリーズ

エンタープライズ セキュリティ

ミロク情報サービスのブース。自社の業務システム向けのマイナンバー対策ソリューションを展示
  • ミロク情報サービスのブース。自社の業務システム向けのマイナンバー対策ソリューションを展示
  • 「MJSマイナンバー」「MJSマイナンバーCloud」「MJSマイナンバーBPO」の3タイプを用意
  • MJSマイナンバーCloud。従業員の扶養家族のマイナンバーも併せて登録し、クラウド側に自動登録が可能
  • MJSマイナンバーCloud。マイナンバーは堅牢なデータセンター側で暗号化され、自社側には保持されず、安全に管理できる
  • クラウド側でマイナンバーに暗号化処理が施されるため、万が一の情報が漏えいにも安心
 ミロク情報サービス(以下、MJS)は、「2015 Japan IT Week 秋」内の「第5回 情報セキュリティ EXPO【秋】」にて、マイナンバーの取り扱いガイドラインに準拠し、安全な管理を実現するソリューションを紹介していた。

 MJSでは、自社の業務システム向け(Galileopt NX-I、MJSLINK NX-Iなど)に、「MJSマイナンバー」としてオンプレミス版、Cloud版、BPO版という3つのシリーズを用意している。

 MJSマイナンバーは、基本的に業務システムと別々に管理し、システム側で必要な帳票類を出力する際に、マイナンバーを参照して印刷するものだ。どうしても外部に重要なデータを出したくない場合には、このオンプレミス版で自社管理が行える。

 またMJSマイナンバーCloudは、マイナンバーを安全なクラウド上に保管しながら、収集・登録・管理といった業務を自社側で行えるもの。マイナンバーの収集時には、従業員自身が本人確認の書類を添付し、システムにマイナンバーを仮登録することも可能だ(オプション)。マイナンバーは堅牢なデータセンター側で暗号化され、自社の業務システム側には保持されないため、情報漏えいや不正利用のリスクを軽減できる。

 一方、MJSマイナンバーBPOは、MJSと提携する外部アウトソーサーに収集・管理を委託するものだ。煩雑なマイナンバー管理の業務をすべて代行してもらえる。ただし、こちらもユーザーのPC側にクライアントソフトを入れて、委託先にある自社データを参照できるようになるという。

 同社の担当者は、「企業だけでなく、税理士事務所にも我々のマイナンバーソリューションを提案している。まだクラウドに抵抗感がある方も多い。その場合には、オンプレミス版やBPO版を使うことができるのが我々の強み」と説明してくれた。

 気になるコストは、MJSマイナンバーCloudのケースで、初期費用は1社あたり3,000円。企業規模により、ライト(50人未満)、スタンダード(50人以上、1,000人未満)、エンタープライズ(1,000人以上)があり、スタンダードの場合は月額7,000円から提供。
《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top