ソニー銀行、日本初の11通貨対応デビット/キャッシュカード「Sony Bank WALLET」発行へ | RBB TODAY

ソニー銀行、日本初の11通貨対応デビット/キャッシュカード「Sony Bank WALLET」発行へ

ブロードバンド その他

「Sony Bank WALLET」券面デザイン
  • 「Sony Bank WALLET」券面デザイン
  • 「Sony Bank WALLET」詳細
 ソニー銀行は19日、Visaデビット付きキャッシュカード 「Sony Bank WALLET(ソニーバンク・ウォレット)」の先行受け付けを開始した。2016年1月4日よりサービス提供を開始する。

 「Sony Bank WALLET」は、キャッシュカードとVisaデビットが一体となったカード。キャッシュカードとして、国内の提携ATMから、円普通預金の引き出しなどが可能なほか、デビットとして、日本で初めて、3通貨以上となる11通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、香港ドル、カナダドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)に対応した。これにより、世界200以上の国と地域でショッピングに利用できる他、海外ATMから現地通貨を引き出すことも可能。

 円の利用金額は円普通預金から、外貨の利用金額は該当する外貨普通預金から原則即時引き落としとなる。外貨残高が不足している場合は、替レート(TTS)で不足金額相当分を円普通預金から自動的に充当することが可能。

 ソニー銀行に円普通預金口座を持っている15歳以上であれば利用可能。ソニー銀行のキャッシュカードからは無料で切り替えできる。年会費、新規発行手数料は無料。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top