J:COMがMVNO事業に参入……オリジナル端末にガラホ&独自アプリでの動画視聴は通信量制限なし | RBB TODAY

J:COMがMVNO事業に参入……オリジナル端末にガラホ&独自アプリでの動画視聴は通信量制限なし

ブロードバンド 回線・サービス

J:COMの代表取締役会長の佐々木新一氏(写真左)、同社代表取締役社長の牧俊夫氏(撮影:編集部)
  • J:COMの代表取締役会長の佐々木新一氏(写真左)、同社代表取締役社長の牧俊夫氏(撮影:編集部)
  • オリジナル端末の「LG Wine Smart」(撮影:編集部)
  • オリジナル端末の「LG Wine Smart」(撮影:編集部)
  • 「J:COM MOBILE」ロゴ
  • 「J:COM MOBILE」全体概要
  • 「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」概要
  • 「J:COM MOBILE SIM単体 [3GB]」概要
  • 「J:COM TV with タブレット」概要
 ジュピターテレコム(J:COM)は13日、MVNO(仮想移動体通信事業者)事業に参入することを発表した。新サービス「J:COM MOBILE」(ジェイコムモバイル)を10月29日より提供開始する。

 「J:COM MOBILE」は、NTTドコモ/auのLTE網を利用するMVNOサービス。SIM単体、スマホとのセット、タブレットとのセットの3形態で販売を行う。

 端末とのセットはauのLTE網を利用。『J:COMオンデマンドアプリ』を利用して映像コンテンツを視聴する際のパケット量は、月間のデータ通信量にカウントされないのが特徴。また訪問による契約手続き、端末の宅配、遠隔サポートでの初期設定など、サポートを充実させた。月額500円の「おまかせサポート」も提供する。ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LAN「Wi2 300」も追加料金なしで利用可能。

 端末(スマートフォン)と音声通話・データ通信に対応したSIMカードをセットにした「J:COM MOBILEスマホセット [3GB]」は月額基本料2,980円。オリジナルの端末として、「LG Wine Smart」(LG Electronics製)を日本で初めて提供する。同端末は、OSにAndroid 5.1.1を搭載し、タッチパネル操作およびテンキーによる文字入力ができる、いわゆる“ガラホ”だ。カスタマイズ済みで、「J:COMオンデマンドアプリ」がプリインストールされているほか、「ざっくぅ」のマークが描かれた「ざっくぅキー」を押すと、J:COM加入者向けサイト「MY J:COM」にすぐアクセスできる。

 タブレット端末は「LG G Pad 8.0 L Edition」を提供する。「J:COM TV」とセットで提供しているタブレットサービス「J:COM TV withタブレット」についても、LTE対応の新端末を10月29日から販売する。「J:COM MOBILEスマホセット [3GB]」と同様に、「J:COMオンデマンドアプリ」利用時のデータ通信量(パケット)は月間のデータ通信量にカウントされない。「withタブレット」サービスを利用するための「TV Everywhere料金」は、月額980円。

 なお、SIMカードのみの「J:COM MOBILE SIM単体 [3GB]」は、ドコモのLTE網を利用。『J:COMオンデマンドアプリ』、個別サポートサービス、Wi2 300の無料利用などは対応していない。データ通信だけの場合は月額基本料900円、音声通話とデータ通信セットの場合は月額基本料1,600円。価格は全て税抜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top