豪華列車「花嫁のれん」が明日から運行 | RBB TODAY

豪華列車「花嫁のれん」が明日から運行

エンタープライズ その他

花嫁のれん
  • 花嫁のれん
  • 車内
  • 車内
 JR西日本は明日の3日から七尾線観光列車「花嫁のれん」の運行を開始する。

 特徴的なのは、まずその赤い車体。「和と美」を表現し、北陸の伝統工芸である輪島塗りや加賀友禅をイメージしている。1号車は「桜梅の間」「撫子の間」「扇絵の間」「鉄線の間」など個性的な8つの個室を用意。2号車にはイベントスペース「楽市楽座」が用意されている。

 伝統工芸の美を感じさせる豪華列車といった趣で、和装のアテンダントは3名が乗車するといあわれているが、有名旅館の加賀屋の客室係と加賀屋で研修を受けたJRグループ社員がもてなすとしている。

 七尾市ではこの花嫁のれんにからんだイベントも計画。来年4月には一本杉通りにて「第13回 花嫁のれん展」を開催する。

 北陸新幹線開通で金沢は盛り上がっているが、県としては能登半島も観光誘致したいところ。「花嫁のれん」によって、七尾市や和倉温泉への宿泊客も増やしたい考えだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top