Google、初のAndroid 6.0搭載の5.2型「Nexus 5X」/5.7型「Nexus 6P」発表 | RBB TODAY

Google、初のAndroid 6.0搭載の5.2型「Nexus 5X」/5.7型「Nexus 6P」発表

 Googleは29日(現地時間)、初のAndroid 6.0(Marshmallow)を搭載するスマートフォンで5.2型の「Nexus 5X」、5.7型の「Nexus 6P」を発表した。日本でも発売される。

IT・デジタル スマートフォン
Android 6.0(Marshmallow)搭載の5.2型「Nexus 5X」(左)/5.7型「Nexus 6P」
  • Android 6.0(Marshmallow)搭載の5.2型「Nexus 5X」(左)/5.7型「Nexus 6P」
  • 16GB/32GBをラインナップする「Nexus 5X」
  • 「Nexus 5X」
  • 「Nexus 5X」背面
  • 背面には指紋センサー、デュアルLEDフラッシュを搭載する
  • 解像度2,560×1,440ピクセル/518ppiの有機EL搭載ハイスペックモデル「Nexus 6P」
  • 「Nexus 6P」
  • 「Nexus 6P」背面
 Googleは29日(現地時間)、初のAndroid 6.0(Marshmallow)を搭載するスマートフォンで5.2型の「Nexus 5X」、5.7型の「Nexus 6P」を発表した。10月下旬に発売される予定で、日本でも発売され、Google Storeで予約を開始した。また、同日にはNTTドコモが「Nexus 5X」を冬春モデルとして販売することを発表している。

 Google Storeでの価格は「Nexus 5X」の16GBモデルが59,300円、32GBが63,400円。「Nexus 6P」の32GBモデルが74,800円、64GBが80,800円、128GBが92,800円。

 「Nexus 5X」は、OSにAndroid 6.0(Marshmallow)を搭載。ディスプレイは5.2インチフルHD(1,980×1,080ピクセル/423ppi)で、Gorilla Glass 3を採用した。プロセッサは6コアのSnapdragon 808(1.8GHz)、メモリは2GB。カメラはメインが1230万画素で4K動画撮影、120fpsスローモーション撮影に対応する。インは500万画素。

 ネットワークはLTE(FDD)/W-CDMA対応で、USB Type-Cを備える。センサー類は指紋認証センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、気圧計、近接センサー、環境光センサーを内蔵する。バッテリは2700mAhで急速充電に対応。10分の充電で最長3.8時間使用できる。本体サイズは幅72.6mm×高さ147.0mm×奥行7.9mm、重量は136g。

 「Nexus 6P」は、解像度2,560×1,440ピクセル/518ppiの5.7型有機ELを搭載するハイスペックモデル。素材にアルミニウムが採用されており、Nexusシリーズでは初の全面メタルボディとなった。ディスプレイ表面には、より衝撃に強いCorning Gorilla Glass 4を採用している。「Nexus 5X」同様OSにAndroid 6.0(Marshmallow)を搭載。プロセッサはオクタコア(8コア)のSnapdragon 810(2.0GHz)、メモリは3GB。カメラはメインが1230万画素で4K動画撮影、120fpsスローモーション撮影に対応する。インは800万画素。また、フロントにステレオスピーカーを搭載する。

 ネットワークはLTE(FDD)/W-CDMA対応で、やはりインターフェースはUSB Type-C。指紋認証センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、気圧計、近接センサー、環境光センサーを内蔵する。バッテリーは3450mAhで、10分の充電で最長7時間使用できる急速充電に対応する。本体サイズは幅77.8mm×高さ159.3mm×奥行7.3mm、重量は178g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top