独VWと資本提携解消のスズキ、新たな提携は「時間をかけて慎重に」 | RBB TODAY

独VWと資本提携解消のスズキ、新たな提携は「時間をかけて慎重に」

スズキの鈴木修会長は8月30日、独VW(フォルクスワーゲン)との提携問題が決着したのを受けて会見し、今後の提携については「まだ考える余裕がない。時間をかけて慎重にコメントしたい」と述べた。

エンタープライズ 企業
スズキの鈴木修会長
  • スズキの鈴木修会長
  • スズキの、鈴木修会長(右)と鈴木俊宏社長(左)
スズキの鈴木修会長は8月30日、独VW(フォルクスワーゲン)との提携問題が決着したのを受けて会見し、今後の提携については「まだ考える余裕がない。時間をかけて慎重にコメントしたい」と述べた。

VWとの提携の大きな狙いであった環境対応技術について、鈴木会長は「(提携合意からの)6年間がこうした結果になったので従業員が奮起してくれた。ほとんど提携の狙いは解決できつつある」と、評価した。

具体的な環境技術の成果については『アルト』の軽自動車最高燃費や、『ソリオ』のマイルドハイブリッドなどを挙げた。こうした自社技術については「文字通り災い転じて福となった。従業員なかんずく技術者には感謝している」と語った。

また、VWとの大きな懸案が解決したことに伴う自身の進路については「まったく考えていない」と強調、会長職続投に意欲を示した。

スズキ鈴木会長、新たな提携は「時間をかけて慎重に」

《池原照雄@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top