「米国進出成功の光が見えた」……スプリント事業好転の青写真をソフトバンク孫社長が語る | RBB TODAY

「米国進出成功の光が見えた」……スプリント事業好転の青写真をソフトバンク孫社長が語る

エンタープライズ 企業

ソフトバンクグループの孫正義社長
  • ソフトバンクグループの孫正義社長
  • 決算報告はPepperが担当
  • 今期は全体に好調な成績を残した
  • グループ企業の米スプリントの経営改善策を発表
  • Yahoo!BBの展開、ボーダフォンの買収は無謀な挑戦だったとしながら、成功を収めたことを強調
  • スプリント事業の本格改善に必要な戦略について語る孫氏
  • 純有利子負債を効果的に圧縮すると宣言
  • 改善への光が見えたことを強調した
 ソフトバンクグループは6日、2016年3月期 第1四半期の決算内容に関する記者説明会を開催し、代表取締役社長の孫正義氏が2013年に子会社化した米スプリントの経営基盤強化策を発表。米国進出成功の意気込みを語った。

■グループの決算内容はPepperが報告

 はじめに四半期の決算内容に関する報告が行われたが、壇上で詳しい説明を行ったのは孫社長ではなく、同社のパーソナルロボットであるPepper(ペッパー)だった。「私以外が当社の決算内容を説明するのは初めての機会」という、Pepperが詳細を説明した。

 壇上に上がったPepperは「孫社長にムチャ振りされちゃったPepperです。これでまた僕に“世界初の決算報告をしたロボット”という肩書きが増えましたね。10月の社会人デビューに向けて自信が付きましたー」とコメントした後で、ソフトバンクグループの決算内容の説明をはじめた。

 売上高は前年度比で9.8%増となる2兆1,390億円を達成。全てのセグメントで売上高が増え、スマートフォンやタブレットなどが含まれる国内通信事業が好調に推移。売上高は前年同期から459億円・6.9%増加して712億円となった。またスプリント事業については為替の影響が貢献している。

 営業利益は前年同期から242億円・7.6%増加し、3,435億円を計上。EBITDA(減価償却前営業利益)は11%の増加。Pepperは「順調に伸びていますね。成績が良いと僕も嬉しいです」とプレゼンテーションシートにコメントを付け加えた。さらに純利益は前年同期から1,358億円・175%増加となる2,134億円を計上している。Pepperは「昨日は土用の丑の日だったけど、まさに“ウナギ登り”ですねー」と冗談を飛ばした。

 なお、ソフトバンクは今年の7月1日付で社名をソフトバンクグループに変更。さらに4月1日付でソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、およびワイモバイルを吸収合併したソフトバンクモバイルがソフトバンクへ社名を変更している。Pepperは「今まで4つに分かれていた国内の通信会社を一つにまとめて、これまで以上にみんなで団結して、モバイルインターネットNo.1のコア企業を目指します」と力強く語った。

 1契約当たりの月間平均収入(ARPU)については今後Yahoo! JAPANと協力しながら、新しい顧客体験の提供、成長領域を開拓しながら拡大を目指すという。

 Pepperはさらに「もちろん反省しなければならないこともたくさんあります」と前置きして、「解約率」が他社に比べて少し高いことを言及。「原因を徹底解明して、ライバルより低くなるよう毎日努力していきます」とした。さらにソフトバンク光のサービスについても触れ、「累計契約数が7月末までに54万件になりました。これからはソフトバンク光がお客様の解約率低下と利益の拡大に貢献していきます」とコメントした。

 設備投資については接続率No.1を達成したため一段落。Pepperは「これからはフリーキャッシュフロー創出のステージです」と宣言した。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top