JR西、城端線・氷見線の観光列車「べるもんた」を10月より運行開始 | RBB TODAY

JR西、城端線・氷見線の観光列車「べるもんた」を10月より運行開始

ブロードバンド その他

10月10日から運行を開始する城端線・氷見線の観光列車。列車名は『ベル・モンターニュ・エ・メール』に決まった。
  • 10月10日から運行を開始する城端線・氷見線の観光列車。列車名は『ベル・モンターニュ・エ・メール』に決まった。
  • 車内は窓の大型化や海向き席の設置によって眺望性を高める。
  • 『ベル・モンターニュ・エ・メール』のロゴデザイン。
JR西日本などは7月31日、富山県内の城端線と氷見線で運行する観光列車の名称を『ベル・モンターニュ・エ・メール』に決めたと発表した。愛称は「べるもんた」。10月10日から快速列車として運行する。

発表によると、「ベル・モンターニュ・エ・メール(Belles montagnes et mer)」はフランス語で「美しい山と海」のこと。「国内のお客様にインパクトを与えるとともに、海外のお客様にも認知いただける名称」にしたという。ロゴデザインは車窓から見える山と海を描き、「Belles montagnes et mer」の文字で城端線・氷見線を結ぶレールと「旅人の心をつなぐ架け橋」をイメージした。

車両はキハ40形気動車の改造車を使用。車体塗装はモスグリーンをベースとし、帯色などはメタリックゴールドを使用して「山や田園、海沿いを優雅に走る貴婦人のイメージ」でまとめる。車内は海側の座席を窓向きに配置し、一部の窓は大型化。窓枠を額縁風にデザインして車窓の景色を「一枚の絵画」のように演出する。

当面の運行期間は10月10日から2016年2月28日までの土・日曜。ただし1月2・3日は運休する。全ての列車が全席指定の快速列車で、一部の列車を除き新高岡駅で北陸新幹線との接続を図る。

土曜日は氷見線と中心とした新高岡・高岡~氷見間で2往復運行し、時刻は『ベル・モンターニュ・エ・メール1号』が新高岡11時12分~氷見12時04分着、『2号』が氷見12時14分発~新高岡13時15分着、『3号』が新高岡14時58分~氷見16時14分着、『4号』が氷見16時26分発~高岡16時56分着になる。

一方、日曜日は城端線の高岡~城端間で運行。時刻は『51号』が高岡9時35分発~城端10時19分着、『52号』が城端10時33分発~高岡11時15分着、『53号』が高岡12時52分発~城端13時42分着、『54号』が城端14時14分発~高岡15時01分になる。このうち『51・53号』は、加越能バスが運行する城端駅~五箇山・白川郷方面のバス「世界遺産バス」への接続を考慮した時刻で設定されている。

JR西日本、城端線・氷見線の観光列車「べるもんた」10月10日から運行開始

《草町義和@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top