NTTドコモとGE、IoT分野で業務提携……インフラ設備の遠隔監視を可能に | RBB TODAY

NTTドコモとGE、IoT分野で業務提携……インフラ設備の遠隔監視を可能に

 GEエナジー・ジャパン(GE)とNTTドコモは8日、新たなIoTソリューションの提供について業務提携を発表した。同日、覚書を締結したとのこと。

エンタープライズ 企業
協業の内容(イメージ)
  • 協業の内容(イメージ)
  • 各社の概要
 GEエナジー・ジャパン(GE)とNTTドコモは8日、新たなIoTソリューションの提供について業務提携を発表した。同日、覚書を締結したとのこと。

 新たなIoTソリューションでは、GEの産業用機器向けワイヤレスルーター「MDS-Orbitプラットフォーム」(Orbit)と、ドコモの通信モジュールを連携させる。「Orbit」は、データ通信の高度なセキュリティ技術とClass I Division2認証を受けた堅牢な筐体を採用した産業用ワイヤレスルーターだ。

 新ソリューションにより、遠隔地の道路や橋梁、プラントや電気・ガス・水道等のインフラ設備について、温度や振動等の稼働データをリアルタイムに監視することが可能となる。さらにOrbitで取得したデータを、日本システムウェアのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」上でドコモが提供するアプリケーション等と連携させることで、スマートフォンやタブレット等を通してデータ管理することも可能になる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top