日本IBMとトレンドマイクロ、標的型攻撃対策で製品連携 | RBB TODAY

日本IBMとトレンドマイクロ、標的型攻撃対策で製品連携

 日本IBMとトレンドマイクロは7日、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃対策として、製品の連携を行うことを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
「IBM Security QRadar」の概要
  • 「IBM Security QRadar」の概要
  • 標的型サイバー攻撃に対するトレンドマイクロ製品群
 日本IBMとトレンドマイクロは7日、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃対策として、製品の連携を行うことを発表した。

 脅威情報をリアルタイム検知して相関分析を行うIBMのソフト「IBM Security QRadar」とトレンドマイクロのネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector(DDI)」の連携を強化。トレンドマイクロのセキュリティリスク分析基準をQRadarにテンプレートという形で搭載する。専門家の知見を活用したリスク分析が自動的に実行可能となる。

 あわせて同ソリューションのシステム構築サービスを、「DDI×QRadar連携サービス」としてSCSKが提供する。今後、日本IBMとトレンドマイクロは、QRadarと「Trend Micro Deep Security」「ウイルスバスター コーポレートエディション」などとの連携も進める方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top