河川水位リアルタイム監視システムを富士通エフサスが商品化 | RBB TODAY

河川水位リアルタイム監視システムを富士通エフサスが商品化

 富士通エフサスは21日、埼玉県のさいたま県土整備事務所に「河川監視システム」を導入したと発表した。

エンタープライズ セキュリティ
同社が埼玉県の整備事務所に導入した「河川監視システム」。導入の妨げとなっていた電力や通信回線がないという問題を解消している(画像は同社リリースより)。
  • 同社が埼玉県の整備事務所に導入した「河川監視システム」。導入の妨げとなっていた電力や通信回線がないという問題を解消している(画像は同社リリースより)。
  • 独立設置が可能な「河川監視システム」は2015年6月に商品化予定。土石流など災害が起こりやすいエリアへの設置を見込んでいる(画像は同社リリースより)。
 富士通エフサスは21日、埼玉県のさいたま県土整備事務所が「河川監視システム」を導入したと発表した。IoTの活用によって河川水位をリアルタイムに監視し、データ通信で遠隔地の正確な状況を把握可能。河川氾濫のリスクを判断できるようにする。

 これまで同事務所では河川周辺に電力や通信回線といったインフラが整っておらず目視で河川監視を行っていた。そこで富士通エフサスは、太陽光パネルと蓄電池バッテリーを搭載し、移動体通信システムを内蔵した独立型の河川監視システムを提案したという。

 この河川監視システムは監視カメラだけでなく、各種センサーにより水位の測定も行う。定時の監視データに加え、一定以上水位が上昇した時にもメールによる連絡を行う。スマートフォンやタブレットからの確認にも対応している。

 電力・通信回線が整っていないエリアに設置できることが最大の特徴で、年に1度の保守で運用できるという。また、完全密封型なので天候や害獣の影響を受けにくいのもメリット。

 同社では2015年6月にオプションによって多目的用途への拡張を可能とした「河川監視システム」を商品化の予定もあり、人間が常駐しにくい場所へ設置することで、防災・減災に役立つ判断材料として活用できるとしている。


■ダイソン掃除機やiPad miniが当たる!読者アンケートを実施中
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top