ドコモ、ITで“革新的な稲作農業”めざすプロジェクトに参画 | RBB TODAY

ドコモ、ITで“革新的な稲作農業”めざすプロジェクトに参画

 新潟市、NTTドコモ、ベジタリア、ウォーターセルは14日、「革新的稲作営農管理システム実証プロジェクト」に関する協定を締結した。このプロジェクトは、水田センサおよびクラウド型水田管理システムを、新潟市の稲作農業生産者に導入するものだ。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
プロジェクト全体図
  • プロジェクト全体図
  • 実際の導入イメージ
 新潟市、NTTドコモ、ベジタリア、ウォーターセルは14日、「革新的稲作営農管理システム実証プロジェクト」に関する協定を締結した。このプロジェクトは、水田センサおよびクラウド型水田管理システムを、新潟市の稲作農業生産者に導入するものだ。

 新潟市の稲作農業生産者22者(13法人、9個人)が対象で、実施期間は、5月14日から2016年3月31日まで。稲作農業生産者の水田に、通信モジュールを搭載した水田センサを設置。湿度・温度・水位・水温等を自動で計測し、解析を行う。

 これまで各農家の経験や勘に頼っていた経営を、ICTを軸とすることで効率化を図る。これにより、日々の圃場管理の効率化のほか、省力化、コスト削減が可能になる。また収穫量増加や品質向上に役立つ情報を、農業従事者がスマートフォンなどで確認可能となる。

 ドコモが、水田センサと水田管理システムをつなぐ通信モジュールの提供、通信エリアの電波状況確認に基づくコンサルティングを行う。ベジタリアは、水田センサ、水田管理システムの開発、水田管理システムの提供、ウォーターセルは、水田への各センサシステム等の機器設置およびメンテナンスなどを担当する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top