【インタビュー】いま注目の俳優・菅田将暉、ポリシーは「無個性がベスト」 | RBB TODAY

【インタビュー】いま注目の俳優・菅田将暉、ポリシーは「無個性がベスト」

エンタメ その他

『明烏』菅田将暉/photo:Hayato Ishii
  • 『明烏』菅田将暉/photo:Hayato Ishii
  • 『明烏』菅田将暉/photo:Hayato Ishii
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏』菅田将暉/photo:Hayato Ishii
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
  • 『明烏 あけがらす』-(C) 2015「明烏」製作委員会
熱狂的ファンを持つ連続ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや、映画『HK/変態仮面』などでヒネた笑いのツボを刺激し続ける福田雄一監督。そんな笑いの奇才が手掛けた最新作映画『明烏 あけがらす』に主演しているのが、俳優の菅田将暉だ。『共喰い』『海月姫』『そこのみにて光輝く』『暗殺教室』と印象的な作品に次々と名を連ね、その動向への注目ぶりは“若手俳優”の中ではトップクラスといえる。

驚かされるのは、今回の役どころ。アフロヘアーに真っ黄色なスーツ姿で、指名ゼロの最下位ホストのナオキを演じている。舞台は、東京・品川の小規模ホストクラブ「明烏」。個性的過ぎるホスト仲間やカネの払えない女性客、果ては「北の国から」に酔心する実父が入り乱れる中で、12時間後に迫った1千万円の借金返済のために無い知恵を絞っていくナオキの姿が描かれる。

ずれた人物造形、ウィットに富んだセリフ回し、小ネタの数々は、まさに福田監督の神髄。それ故に、演じる側は実は辛かった。菅田は、「北の国から」で田中邦衛が演じた黒板五郎のマネをする設定の父親・佐藤に笑いのバトルを仕掛けられた。「佐藤さんは自分でモノマネをしておいて、自分で吹く。それをごまかすために目を見開いて僕を凝視してくる。それに対して、いかに笑わないかの勝負でした。佐藤さん自身が、疑問を持ちながらも『北の国から』のモノマネをしているところが何よりも面白かったけれど」と激闘をふり返る。

約1週間という短い撮影期間も激闘の一つ。「スタッフ・キャスト全員で台本と格闘して、1日に20ページくらいの分量を撮影しました。ワンシチュエーションという設定も手伝って、撮影はさながら舞台稽古のよう。ヒリヒリする緊張感がありました」と舞台裏を明かす。

ナオキという役どころは見た目こそインパクトはあるが、城田優やムロツヨシらホスト仲間や珍客たちに比べると没個性的。演じ手としては損な役回りにも思えそうだが…。しかし菅田は「周りにふり回されるという役どころなので、全体を俯瞰で見てはいけないし、演技で遊んでみたり、楽しみ過ぎてもいけない。ナオキのキャラクターがぶれたら、映画ではなくコントになってしまう。冷静さをキープして、欲をなくすことを心がけた」と、漫才でいうところのツッコミ役を自認する。その引き算が、笑いで最重要な緩急を作品に生み出したといえそうだ。

この適応能力は、役どころやジャンルに囚われることなく演じてきた下地があるからこそ。「自分でもこれまでの出演作品を思い返すと、バラエティに富んでいて面白いと思いますね」と笑みを浮かべながら「色々とやりつつ、結果的に無個性がベスト。イメージが付いてしまうと、素直に役柄や作品を観てもらえなくなる恐れがあるから」と理想の俳優像を明かす。“若手俳優”という肩書も武器とする。「俳優歴の浅い今は、周りから先入観を持たれていない時期。それがある意味、今の僕の強みでもある。これからも色々と企てていくつもりです」と貪欲さを隠すことはなかった。

【インタビュー】若手注目株・菅田将暉、縦横無尽な俳優活動のポリシーは「無個性がベスト」

《photo/text:Hayato Ishii》

関連ニュース

特集

page top