DeNAとZMP、自動運転の“ロボットタクシー”新会社を設立 | RBB TODAY

DeNAとZMP、自動運転の“ロボットタクシー”新会社を設立

エンタープライズ 企業

合弁会社の概要
  • 合弁会社の概要
  • 「ZMP」サイト
 ディー・エヌ・エー(DeNA)とZMPは12日、ロボットタクシー事業を行う合弁会社を設立することで合意した。5月29日を目途に、自動運転技術を活用した旅客運送事業の実現に向けた研究・開発などを行う新会社「株式会社ロボットタクシー(仮)」を設立する。

 DeNAは、インターネット領域およびモバイル領域で、さまざまなノウハウを蓄積。一方のZMPは、自動車の自動運転技術開発用プラットフォームRoboCarシリーズおよびセンサシステムの開発・販売や自動運転技術の開発を行っている。今回、両社の強みを融合させることでシナジー効果を図る。

 「株式会社ロボットタクシー(仮)」は、DeNAが66.6% ZMPが33.4%を出資。自動運転技術を活用した旅客運送事業(ロボットタクシーやロボットバス等)を実現するための研究・開発を行う企業となる。

 第一段階として、自動運転技術の向上やサービスモデルの仮説検証などの実証実験を重ねていく方針だ。将来的には、老人や子どもなどのサポートも行い、地方創生・地域再生の一助となることも視野に入れる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top