日本を標的にした「Cryptoランサムウェア」が4月中旬より出現中……ファイルを暗号化して脅迫 | RBB TODAY

日本を標的にした「Cryptoランサムウェア」が4月中旬より出現中……ファイルを暗号化して脅迫

ブロードバンド セキュリティ

「TROJ_CRYPWALL.XXQQ」が表示する日本語メッセージ(HTML版)
  • 「TROJ_CRYPWALL.XXQQ」が表示する日本語メッセージ(HTML版)
  • 「TROJ_CRYPWALL.XXQQ」が表示する日本語メッセージ(テキスト版)
 トレンドマイクロは27日、日本語表示に対応した新たな「Cryptoランサムウェア」が、17日前後から国内インターネット利用者の環境で検出されていることを公表した。1週間で60件以上の検出を確認したとのこと。

 「ランサムウェア」とは、侵入したコンピュータを使用不能にし、元に戻すために“身代金”を要求するタイプの不正プログラムのことだ。とくに、コンピュータ内のデータを暗号化することで使用不能にするタイプを、同社では「Cryptoランサムウェア」と呼んでいる

 今回、Cryptoランサムウェア「TROJ_CRYPWALL.XXQQ」の表示する脅迫メッセージが、感染PCが日本語環境だった場合に、日本語で表示されることが確認された。日本語としておかしな表現はあまりなく、ある程度日本語が堪能な協力者がいるものと推測されている。なお、日本語以外には、英語・韓国語のメッセージが表示可能となっていた。

 身代金の要求メッセージなどを日本語で表示するCryptoランサムウェアは、2014年3月に「TROJ_CRITBIT.B」が、2014年12月に「TROJ_CRYPBIT」が確認されている。しかし、今回のように、自然な日本語で脅迫文を表示する「TROJ_CRYPWALL.XXQQ」は、明らかに日本を標的にしている点がこれまでとは異なるため、「日本におけるランサムウェアのひとつの転換点になるかもしれません」と同社では指摘している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top